記事一覧

Kazuki Kato 5th Anniversary Live“GIG”Tour 2011~Rock'n Hall~in Shibuya O-WEST

2011.05.05

5th AniversaryLive"GIG"Tour 2011Rock'n Hall(in Shibuya O-WEST.2011.05.05)
 
Kazuki Kato<br />5th Anniversary Live“GIG”Tour 2011~Rock'n Hall~in Shibiya O-WEST/5/5
 
今回グッズはタオルマフラー@ちょっと残念なかぼちゃ色・5周年記念+ライブロゴワッペン・チャリティバッジ・クリアファイルを購入。
 
写真光反射してますが……
 
……ん? クリアファイル?
どっかから買わないんじゃなかったのかお前というツッコミが届きそうですw
とりあえず買っておきました。
ストラップも売り切れてたけど、なんかあのストラップのファーが残念でならない。
毛がふわふわならいいけど、なんかアクリルちっくでモソモソしてそうですが、どうですかね。
もちろん買ってないけどw
だって速攻壊れそう。
そんな感じのストラップ使ったことあったけど、ファーがすぐ取れたよ\(^o^)/
Tシャツに関しても購入なし。
売り切れるの本当早かったなあ。
ちなみにストラップはピンク→黒の順で売り切れてて、私の前の人で黒完売だったから、東京は1時間前に並んでも厳しかったってことですね。
ピンクはもっと前に売り切れてたよ。
 
 
今回私は整理番号B70番台だったので、もう最後列覚悟してたからいいんだけど、結局B100ぐらいまではあったんじゃないかな。
2Fに行ったお客さんの分なのか、単に来ない人がいたのかは分からないけど、正直あと50人ぐらいはつめれば全然入れたと思う。
だって新木場のときのがぎゅうぎゅうになったし。
ちなみに、前方は後ろから見てるとすごく客層の幅が背の低い方が多く見えた。
後ろなんか背の高い率高くて、時折和樹くんの顔完全に見えなかったからね私w
 
 
まあそれは置いておいて。
今回も素敵な出会いがありました。
入場待ちしてたら私の後ろにいた女性の方。
声をかけたら番号が2つ違いなだけで近く!
年も1個違いで、Versaillesのことを知ってる方でした><!!!
彼女も今回のチケ取り撃沈で大変だったとか。
これまではファーストライブ以外欠かさず行ってるっていう古株さんでした。
だよね、だよね……本当に今回は酷かった。
そしてグランドファイナルのeggmanはもっと酷いことが予想されるという(^^;;
地方ファンの大変さを語り合ったり、遠征の話で盛り上がったりしました。
一曲目なにかなーとか、ツアーあるよね、夏と秋どっちかな、きっと最初の年と同じ秋だよね! とかとか。
そんなyちゃんと中野でも再び会おうと約束をして、終演後はお別れをしたのでした。
 
 
以下曲リストだけど、毎回のごとく歌った曲は合ってるけど、セットリストとしては残念な結果ですので当てにしないでね(^^;;;
なんかこんな流れだったなーとかレベルです。
そして途中が合ってて、多分最後も合ってるみたいな。
 
 
 
SEが聞き覚えのあるあのヘリコプターの音。
その前の入りからして、これはまさか……と思ったら、もう最初から5年前を意識しまくって!
一曲目はなんだろうと、高鳴るドキドキ隠せずにみんなで手拍子が入って和樹くんの登場を待ってました!
 
 
 
 
 
WARNING
そう、期待を裏切らないオープニング曲。
現れたのは、ここまでは予想してなかったんだけど、まさかの5年前の衣装と全く同じ銀のテラテラなスーツに身を包み、中には銀色のタイ。
髪型はここ最近のままでウェーブがかった感じでちょっとだけボリューム抑えられた感じ。
あの大きめな濃いサングラスをかけて格好つけながらの登場に、場内「ギャアアアアアア」と悲鳴とともにいっせいに腕があがって、一曲目からテンションMAXに。
そしてサビの「くちびるが」でサングラス取って投げたあああ!
 
 
EASY GO
この曲を歌ってるときの和樹くんの動きが好きすぎて困るw
前後にゆらゆらしてるのが可愛くって、ニマニマしちゃいます( *´艸`)
この曲もめずらしく最初から最後まで全体的に腕が上がってた感じ。
 
 

イントロ流れ出して、私すかさず”キャァアアアアアアアアア”と叫んでしまいました\(^o^)/
大好きな大好きな「ライン」!
「君のラインを超えてく 強引にでも踏み込んで 危ない空気感じたって そこまで行かせて」の切なげな仕草がたまらなく好きすぎる。
野音ではメドレーだったから、フルで聞いたのはじめてだった……よね!?
ギターソロでは咲き気味になってしまったよテンション上がってw
照明もいい仕事してて、緩急すごいついてて格好良かった><!!
 
 
impure love
私の中ではDGTでのこれと東京ダイヤモンドの記憶が綺麗さっぱり抜けていて、武道館以来かと思ってたんですが、自分の日記読み返してて違ったことに驚き。
それにしてもすごく……物凄く久しぶりに聞いた気がするのですよ。
あのジャケ裏の赤パンな和樹くんがクタッてなるのを思い出しては……そしてマッドサイエンティストな和樹くんが脳裏を過ぎりww
この曲も曲に合わせて前後に動く和樹くんが可愛くてときめきます( *´艸`)
 
 
Shining road(New words.ver)
涙が出そうになりました。
和樹くんの今の思いが詰まった、本当に胸に届く歌詞でした。
ここまで来るのは決して楽な道のりではなかったと思う。
それでも彼が”ここ”に立つ理由。
ぜひ、今の和樹くんの気持ちが込められた新しい生命を吹き込まれた「Shining road」、その耳で聞いて、胸に刻みつけて欲しいと思ったよ。
照明がまた本当に美しくて、温かくて。
 
 
Venus
袖でモッチーがギターを持って待機してたので、和樹くんが弾くんだろうなーと思ったら、やっぱり手渡ししての演奏。
和樹くんのギター=「VENUS」ってなんか私の中ではすでに固定化しつつある楽曲ですw
武道館のときからだからなあ。刷り込みなんだろうな。
そして、上手くなった!
魅せ方もだし、その弾き方も。
 
 
34
誰も知ってる人もいなくて一人で上京したときのこと。
MCで語ったとき、東京から上京したみたいに言い間違えてつっこまれた和樹くんw
今回は後ろ側が合わせるような感じで、手の動きが綺麗に綺麗に揃ってました。
最初は左右ばらばらだったんだけどね、不思議と皆綺麗に揃ってね。
気持ちが合わさった感じがして、見ていてすごく気分が良かったです。
胸の奥が温かくなる曲。
歌詞がスッと届くことを改めて実感した。
 
 
Hang glider
毎回あんなブーツ履いてるからなのかもしれないんだけど、とりあえず「ins」よりも「BEACH」よりも、なによりしんどいのは、全身運動だからなんでしょうか……w
この曲からめっさ喉の渇きが気になりだしてですね…。<後に激しい頭痛に襲われる脱水症状のはじまり……。
今回もDoraちゃんがピョンピョンしてたように見えたw
和樹くんも毎回ながら腕を上げて煽るし、ジャンプジャンプ。
手を上げてリズム取りながらジャンプすると、なんか私遅れてる気がするのは気のせいかしら(^^;;
途中しんどくて、ジャンプしながらあのノリで手拍子したら横の方も同じくやってて、あ……仲間だ……と思ったわけです\(^o^)/
 
この曲の辺だったかわからないけど、ジャケット脱いで下が黒のノースリーブなカッターシャツ+銀タイ姿。
5年前の映像よりも、さらに締まった感じがするなあ。
あの頃の映像改めてさっき見てたんだけど、まだ幼さが残ってるよね( *´艸`)
ジャケット脱いだ→「ギャアアアアアアアア」「もっと脱いでぇーーー!」
なんか後者があらぬことを叫んでたんですがww
 
 

和樹くんにとってのかけがえのない一曲が「去りゆく君へ」であるのならば、私にとってのかけがえのない曲がこの「そばにいて」。
イントロが流れ出したとき、久しぶりなこの曲をこの場で聞くことが出来る喜びに胸が震えた。
思わず両手を握り締めてステージを見つめてしまった。
なにより嬉しかったのが、今まで聞いた「そばにいて」はピアノアレンジだったりしっとりとしたアレンジなものが多かったんだけれど、今回のは限りなくCDの楽曲に近いバンドとピアノサウンドが絡まり合ったものだったの。
重みのある演奏に絡まる優しいピアノの旋律に、なによりも和樹くんの温かな歌声が響いて、涙が出そうになりました。
ありがとう。
私はこの曲でアーティストとしての君を知って、楽曲に触れるようになりました。
その歌をここで歌ってくれて、本当にありがとう。そう思わずにはいられない瞬間だった。
 
 

impureでも書いたけど、本当に久しぶりすぎてなんか新鮮すぎた印象があったんだよね。
やっぱこれを聞くと、あのはじめて生で歌ってる姿を見たときのことが今でも甦る。
相変わらず切なげな吐息というか喘ぎが壮絶にセクシィでしたw
 
 
Chain of love
”繋がり”支え”そういうものを大事にしてきた和樹くんだからこそ、今届けるこの曲の重さが伝わってきました。
本当に聞くたびに響いてくる歌詞になる。
ライブでのこの曲、本当に素晴らしいです。
 
 


上の2曲はDoraちゃんと和樹くん二人だけのステージで、アコースティックな演奏。
ほんわか温かくなる優しいギターサウンドと伸びやかで広がる和樹くんの声は、やっぱりバラードでは特に際立って良さが伝わると思います。
でも、正直この辺でかなりのどの渇きが気になりだしてて、しきりに喉がなってました私……。
 
 

まだバイトをしていた時代。
自分の歌ったものがCDになった4/26、渋谷のタワレコまで見にいったと語った和樹くん。
この曲をいつ歌うか、心に決めてたんだそう。
今日この日にって。
高校時代の同級生たちが就職や色々なことに地に足が着いて決まってく中、焦ってばかりいたとき、そんな色んな心境の中で出会ったこの曲で、和樹くんはこの道に進む決心がついた。
そういう出会いはどこにあるのか分からない。
分からないからこそ、色々な出会いを大切にしていきたいと、改めて思うよね。
 
 
 

衣装を変えて出てきた和樹くん。
いやー、相変わらず期待を裏切らない和樹クオリティ過ぎて、もう安心しきったねww
なにやら白いベストに、キラキラ紫とかのが着いてたように見えたんですが……。
あと、ほとんど見えなかったんだけど下がサーモンピンクっぽいパンツだった気が\(^o^)/
あ、もちろん袖なしですので腋毛もばっちりでしたわよ★ うふふ(←私も大概……)
 
盛り上げて行くぞーと、コールとレスポンスの応酬のあとのグローリー!!
なんかすっごい久しぶり! 久しぶりすぎる気がするんだよ!!
和樹くんのグローリー、いつ振りに聞いただろう……。
怒涛の後半戦のスタートです。
相変わらず足を右に左に動かしてて、本当にのびのびしてて可愛いんだなあ。
ししとうバージョンよりもポップなこの和樹くんのグローリー、本当に大好き!
もちろん、ゆうすけさんのパワフルなグローリーは別物で大好きだけどね♪
 
 
BEACHCarationBEACH
イントロ流れ出すなりフロア臨戦状態ww みんなタオル持つの早いんだもんw
タオル掲げてぴょんぴょん!
「吹けよ吹けよ~」のとこの和樹くんの前のめりの仕草が何度見ても大好きです( *´艸`)
基本的に動きが可愛くてかなわない!
IMLからのタオル生地改善のせいか埃発生率が格段に減ったタオルマフラー、大量に回してもあんまり埃が気にならなくなりましたw
そして左手でもグルグルしてテンション上がってると思ったら、曲調かわってまさかのメドレー「Carnation」キタアアアア。
これも久しぶりな気がして><!!
「So 1.2.3.4. Ready Go!!!」の一体感は、なんとも言えず凄かったですw 楽しすぎる!!
 
 
FEVER(銀テ)
ビーチ乗り切った! と思ったら、息つく間もなくイントロ流れ出し、上から銀テ降ってきたああああああああ━━━ヽ(゚∀゚)ノ━━━!!!
照明の関係かわかんないけど、とりあえずピンクに水色に金色にって見えた。
後々に、緑もあったらしいのを目撃。
私は赤と金色をゲットできました。
でも、後ろだったから本当届いたのギリギリだったよ。・゚・(ノД`)・゚・。
取れて良かった……。しかも記念のロゴ入り。
Sちゃんの話では昔は入ってたけど最近は入ってなかったって言ってたし。
うん、この間の新木場でも無地だったもんね。
武道館と野音に至っては取れなかったので分かりませんが。
和樹くんの直筆の銀テもあったんだってね。
そういうところに、あの子まめさを感じます。
しっかしこの曲、本当に盛り上がりが異常すぎるぐらいに盛り上がるwwなんでww
楽しすぎるでしょ!!
大合唱と合いの手バンザイ!!!
銀テでキラキラしてるフロアがめちゃくちゃ綺麗でした。
和樹くんもニッコニッコしてるのがもう可愛すぎる。
100万ドルのスマイルは悩殺レベルです\(^o^)/
この曲は毎回欠かさずライブで盛り上がりたい必須ソングです!!
 
 
Flaming ice
2年ぶりですね!! きっとくるとは思ってたけど、ここで投入!
最早色んな意味でテンション上がりすぎてて、とりあえずこの銀テどうしようと、ウエストポーチにしまいこんで再び盛り上がりましたw
高笑いしてたなあ。しかもものすごいテンポが速かった!
この辺からもう意識が飛びそうだったよw
 
 
instinctive love
怒涛の後半戦のラスト。もうこれは汗だくとかいうレベルのセトリじゃないww
イントロでまたまた「ギャアアアアアアアア!」
間奏での舌技あり、あの癖になる動きあり、乱れた髪……の仕草あり\(^o^)/
もちろん、ラストのバク宙もばっちりと決めてくれました。
するんだろうなとは思ってたけど、固唾を飲んで見守って、思わずこっちもガッツポーズしちゃったよ><!!
内心ひやひやしてた人もいたと思う、うん。
格好良かった! 最高です。
そしてこの曲を歌ってるときの、どこかイッてる和樹くんの表情がとっても好きですw
 
 
en
アンコールでは今回のグッズのTシャツを着ての登場。
妙にぴっちぴちフィットしてると思ったら、普通に物販のレディースを着させられてたらしいw
でも、普通にウィメンズものでも入るのね、その身長と胸囲でも……((゚Д゚;;;))))
めっさ細くてびっくりした!!
 
 
Vampire
ちょっとMCの後に間があって暗くなったステージ上で水分補給してるから一瞬フロアから笑いがあがったんだけど、なんのことはない、マイクスタンド担いで上を向いて、噴射するための水でしたw
Tシャツ……しかもピンクで歌ってるのにこの色気はなんなのさ!
久しぶりにこの曲でレスポンスあったー!
 
和樹くん:「Bad love-cu-ri-la-Dra-cu-ri-la 柔肌に(Say!)」
フロア:「牙をたてた Vampire」
 
……ええ、調教はばっちりですわよww
 
 
Starlight dreamer
スタドリも聞けるとは思ってなくて本当に本当に感激!
フロア一体になって、すごい声援とコールで感動しました!
和樹くんがぴょんぴょんしながらステージを動き回るし、アンプの上に立って笑顔で楽しそうに歌って煽ってってしてる姿見れるのが一番だよね!
本当に元気を貰える!!
 
 

武道館以降一度も歌ってきてなかったのに、ここ最近急に披露するようになった驚く楽曲。
私この楽曲自体は好きだから全然問題ないんですがね。
Nちゃんとも話してたんだけど、色々版権が切れたとか和解とかそろそろいいよってGOサインでも出たのかな……とか、まさかまた逆戻りとかないよね((゚Д゚;;;)))) とか帰りに話になりましたが、あまり深いことは考えないようにします。
和樹くんが進む道についていく、それでいいよね。
 
 
 
とりあえず、前半も体力使って中盤休みを入れさせてくれるのはいいけど、逆にインターバル入ってしまって後半もうボロッボロになりますよね、体力的にww
なにが凄いって、「BEACH~Carnation」のくだりからのフロアの盛り上がりww
終わったと思ったら灼熱でものすごい大合唱でしかも銀テがイントロから降ってくるし、回収したいけど歌いたいしステージ見たいしどうしろと\(^o^)/
銀テ気にしてたら今度はまさかのフレミンイントロで、再びギャアアアアアアアアアなって、とどめが「instinctive love」のあのリフが聞こえるや、一部の”「instinctive love」マニア”からは悲鳴があがりw ←私以外にも確実にあの曲熱烈ファンは多数いるのが毎回嬉しくてニマニマしてしまうw
アンコールで叫ぶ余力ないほどに力尽きるメニューです!
 
 
全体的にデビューからavex初期の曲が多かったイメージかなあ。
マベ:12
avex:6
ポニキャ:5
 
私的にはあと大好きな「HIGHER DREAM」が聞ければこれほど嬉しいことはなかったです。
きっとツアー中どこかで聞けるだろうと願って……。
 
 
それから、前回新木場では「WARNING」だったけど、今回は終演後に「Shining road」が流れ出し。
ほとんどお客さん帰らない状態で、皆で大合唱だったよ。
「Go shining road~」のコーラスもすごくって、本当にファンが一体となった感じがして温かくなった。
今回も和樹くんは出てきませんでしたが(^^;;
別にいいんだけど、あれ一曲流し終わった後に「以上を持ちまして~」ってアナウンス入るのどうなのさw
あれまでがライブって認識なんでしょうか\(^o^)/
 
 
 
ライブの楽曲とか和樹くんのMCをトータルで見ると、記念ライブにふさわしい選曲だったと思うし、なによりも”人”を大切に思う和樹くんの心がとっても届く温かいライブで締めくくられたと思います。
デビューから5年。
これから先の5年にはまた、これまでにない色々な出来事があると思うし、苦難や喜びもたくさんだと思う。
ファンとして、一緒に乗り越えて楽しんで支えて支えあって、そんな「Chain of love」を大切にしていきたいと思いました。
 
 
 
 
 
MC話あれこれ。
最早どこでどのタイミングでMC入ってたかを把握できてません\(^o^)/
もうちょっとまともな精神状態と体力だったら覚えてたかもしれませんがw
 
 
数曲終えて会場からは和樹くんを呼ぶ声がひっきりなしに。
シーっと人差し指を口唇の前に立てての仕草がめちゃくちゃ可愛かった( *´艸`)
そしてお客さんの話を色々と拾ってたらなにを話すのか分からなくなってきたと言って、そんなこんなしてたら照明さんがステージの電気を落としてピンポイントのスポットライトを絞っていくというイジワルをwww GJ(o^-')b
 
 
天気が持ったことに感謝をしてたw
ここに来れなかった人もてるてる坊主作ってくれたからって。
思えば野音のDVD見直したら、雨は酷いし身体から湯気出てたからね! と、笑い話をしてました。
うんうん、そしてあの野音の和樹くんは潤っててプルプルしてて見てて眼福になりますw
 
 
ブログでも書いていたけど、今このチームにいるスタッフで当時のメンバーだった人は三人しかいない。
そんな話をしながらも、”今”を支えてくれているチームに最大の感謝を持っていたし、そしてそれを形作ってくれた人々にも大きな感謝の言葉を交えてました。
二階を時々気にしていたけれど、日田さんもいらっしゃってたんだね!
日田さんもブログ再開してくれて嬉しいなあ。
 
 
何曲か歌い終えるたびに、「なんだか色々思い出してきたぞ」と、懐かしそうに当時のことを語る和樹くん。
 
今日は、5年前にこのドアを開けたときのような緊張感はなくて、自然だった。
それは決して悪いことじゃないと。
朝は7時頃に目が覚めたけどまだ早かったから9時半頃まで寝なおしたらしい。
「朝食はー」とツッコミが入り、「そこ気になるとこ!?」と言いながらも「とろろ月見そば」(と私には聞こえたwコンビニのかなーとか思ったw)。
消化の良いものを食べたらしい。
 
5年という月日についても語っていて、ファンの方の手紙で高校生だった子が社会人になった話(だったはず)とかを交えて、親心みたいになるとか。
それは私たちも同じ心理なんだけどね!
それだけ年を重ねたってことでなんか「年取った」とか「ふけた」みたいな話してたら、「でも皆だって同じなんだから」と言ったらフロアから「ギャーー」と切実な悲鳴が上がって超面白かったww
 
ギターの練習もしたって。
コードも色々あるもんね……私は高校の授業で挫折しましたが\(^o^)/
指の腹の皮が剥けるから接着剤つけてやってたらしい。
皆そうするんですよね? みたいなふりを、アコースティック待ちのDoraちゃんに振ったら、Doraちゃん首を横にふるふるwwww
ちょww説得力ないわよ和樹くんw
お客さんから「乾かさないの?」みたいなボケツッコミが入り、「いや乾かしてからだよ!」とw
Doraちゃんが手にギターついちゃった残念な人の仕草をしてて笑いをさそってましたw
そんなDoraちゃん、気づけばそばにいる……そんな関係だそうですw
なにそののろけ(・∀・)
 
 
デビューライブは持ち歌がラフダイの6曲しかなかったし、ベストアクターズで跡部さまの歌も歌いましたと。
それでも曲が少なくて、べビスタの明仁さんたちにも曲を作ってもらったって。
その繋がりに感謝してるという感じの話もしてたかと。
 
 
それこそ昔は二年ぐらい毎日日記をつけていたらしく。
お客さんも私も「へぇー」とちょっと意外な一面を。
最初の頃はページたくさん書いてたんだけど、次第に「今日は疲れた。おやすみ」的なことになってたとかw
それでも記録するのはいいことだと思うよ。
私は手書きでの日記だったらこんな10年も続けられないけど、それでも昔のことを思い返すのはいいことだと思うし( *´艸`)
で、書くことは結構好きで、「詞」ではないけれど「ポエム」みたいなものは時々書きためていたらしい。
和樹くんは曲先行方で歌詞を後付していくっていうのは、前にもどっかで目にしたことあったなあ。
 
あと曲の合間に暑いと例のごとく汗まみれになってまして、髪の毛も邪魔だとw
うんうん、短いほうがいいよ!
「切ってー」とかそんな声が上がってましたが、「今ここじゃ切れないだろ!」と突っ込んでたっけww
もう少し短くするだけで大分印象違うんだけどなあ。
あとストレート(これ最重要!)
 
 
抽選会とDrasticsのテーマ。
「モッチー!」と、いつぞやの楽屋招待のときの抽選のノリで呼び寄せたモッチーが持ってたのはミニミニこいのぼり。
このこいのぼりには所以があり……と、モッチーが話してたんだけど、なんのことはない滋賀県の工場で大量生産されてるものでしたww
今回は5周年にちなんで5人の人にプレゼントを。
「まずはこのリストバンド!」(キャアアアアアア!!!)みたいな感じで次から次に身に着けてるものを大放出。
「アンコールで着る予定のTシャツ!」(キャアアアアアア!!!)
「それとこれもアンコールで付ける予定のリストバンド!」(キャアアアアアアアア!!!!)
と、四点の装飾品が読み上げられ……。
「最後はサイン入り色紙!」(……キャア???)
お客さん反応が丸分かりすぎてwwww
明らかなテンションダウンに、「あんま欲しくない? 嬉しくない?」みたいな反応するからまた反則なんだよねー。
可愛すぎるじゃないか!
で、それじゃあとミニミニこいのぼりにもサインをつけて! あとは写真! と、出血サービス!
ステージでぱしゃりと写真撮るんだけど、こいのぼりを片手にキメてる姿が可愛いしシュールだし、後ろでDrasticsメンバーが背後霊のように写真に混ざってるし\(^o^)/
くじをBOXから引くとき、なんか「ジャララララ!ふーっ」みたいな声が聞こえて面白かったですw
「ファミリーマート!」とか「ホットスタッフ」とか、チケット半券の会社を言うんだもんw
 
抽選終わった後にフロアから「もっとちょーだい!!」との声に、追加で写真をもう一枚。
かっこつけて拳握ってるんだけど、なんか……可愛かった( *´艸`)
 
 
Drasticsの紹介で、今回ギターで新しく”かつんど”さんが参加されててですね。
南系の名前かなあ。珍しいよね。
本名なんですよ、カツサンド-サで覚えてもいいとかなんとか言ってたけどむしろ覚えにくいわよ和樹くんw
KJさんはいつも以上に髪を編みこんでて凄かった!
しぶけんさんは後ろでがっちり支えてくれてる感じ。
とおるさんのターンになったら、「アンソニー」の由来の話になり。
とおるさんの前のマネージャーが和樹くんに紹介するときに冗談でアンソニーと言ったのがきっかけとかなんとかw
「アンソニーって感じじゃないでしょ?」ととおるさんが言ってたけど、ううん、アンソニーって感じだよ!!w
……ところで腰は大丈夫でしょうか(´;ω;`)
そして今回もとおるさんの煽りは色々凄かったw 関西弁!??
Doraちゃんに関しては「バンマスなんですよ!」といった感じの紹介だったかな。
先のアコースティックゾーンでラブラブしてた(違)からこんなもんでw
 
 
 
このツアーを行うかどうかも協議を重ねて悩んだと語った和樹くん。
自分が歌うことによってなにかが出来るならという思いだったって。
震災の後、自分が出来ることはなにがあるんだろうとすごく悩んだって。
あのね、今回知り合ったYちゃんはね、仙台の方だったんです。
ライフラインが切断された中で、それでもこうやってこの場所にくることを選んだ。
それって、なによりも和樹くんの思いが……温かさが届いてるからなんだよ。
自分の力じゃ……なんて思わないでほしい。
迷うこともあるかもしれないけれど、私も前に日記で書いたとおり、君の姿を見たくて、歌う姿を焼き付けたくて……そのために頑張ろうって思っている人はたくさんいるんだってこと。
君が笑ってくれてれば、それを励みにしようと思う人がたくさんいるんだってこと。
 
 
そして今後の告知。
まずは来月のメンタメと、「One of love vol.2」の話。
竹中直人さんの歌う姿を見れる貴重な機会みたいなことを話してたような。
 
「そして秋に……!」(フロア:キャアアアアアアアアアアアア!!)
 
待ってました><!! 待ってました!!
と思ったら。
 
「27歳になります!」(フロア:ええええ…………)
 
フロアの照明が消え、ステージの照明が落ち、スポットライトが絞られ一筋の光にまで……ww
照明さん再びGJww
「待って! 光がないと生きていけない!」みたいな可愛いこと言ってました( *´艸`)
 
気を取り直して、「秋に……全国ツアーが決まりました!」
もうフロア大盛り上がり!
「何箇所ー?」とか色々声が上がってたけど、「詳細は後日」と返されてました。
でも、「初日は10/8名古屋から」との声に、おおおおお! と。
名古屋スタートとはまた意外な。
でも、やっぱりこのライブはデビューのときと同じく秋にツアーを持ってきたねーと話で盛り上がりました。
問題はどの地域を回るかだったけど、帰りに貰ったフライヤーに記載されてて一安心。
土日以外の連チャンはないから、有休取ってまでの参加が微妙だけど、西日本は絶対に押さえるぞ!!
 
 
 
MCに関してはこんな感じだったような……。
まあ私の脳の記憶力なんて所詮その程度です\(^o^)/
 
 
 
また一週間後にこのライブが見れるなんてなんか夢みたいだなあ。
そしてその二週間後にはまたまた行けるなんて、感謝感謝です。
とりあえず尼崎はどうやっても遅刻ですが(´;ω;`)
セトリ同じなんであれば、ライン辺りまでには滑り込みたい……切実に。
せっかくの和樹ファン的な意味での神番号座席なもので……。
でもまったく替えて来ても新鮮だし楽しめるよね!
渋谷はあくまでもホールじゃなかったし、ホールツアーはホールツアー用としてとか。
どうなるかわくわくです( *´艸`)
尼崎遅刻してもまだ中野が残ってるから、ここで見逃した分はリベンジできるしね!
 
 
【東京/Shibuya O-WEST】

ページ移動