記事一覧

ミュージカル「テニスの王子様」10周年記念コンサート:「Dream Live 2013」(inワールド記念ホール.2013.05.05.千秋楽)

2013.05.05

もう出ることはないだろうと思ってたミュージカルテニスの王子様。
一般発売も済んでいる中で発表された10周年記念の10組のゲストに、まさかの和樹くんが\(^o^)/
まあー、チケット探しで色々と考え。
チケット入手で泣くほど苦労した、全国氷帝の凱旋の恐怖が過ぎったのは言うまでもなく。
あれは本当に酷かった……。
全てのプレガ全滅な上に、後にも先にも、あれだけ定価の数倍以上を払って見た公演はない(^^;;
 
 
アリーナよりは、やっぱりスタンドかなあと思いながら、チェックしていたのはスタンドのOブロックかHブロック。
大千秋楽、すでに完売はしてたけど、ありがたいことに譲渡には結構一杯出てたので、選択肢は色々あったのね。
結局Hブロックをお譲り頂くことができまして。
今回センターステージで、花道はいったいどこに伸びるかと思ってたら、座席表どおり四方向に全部作ってくれてて。
おかげさまで、Hブロックは花道最後のサブステージの目の前だったのです(*´∀`*)
列は14列だったけど、通路の一段上で視界を遮るものがなにもない!
めっちゃ見やすくて、この座席を定価以下でお譲り頂いたことに恐縮でした。
 
 
 
 
仕事終わってからバッタバタで新幹線に飛び乗り神戸まで4時間……。遠い\(^o^)/
関西行くにはやっぱり飛行機だなあ……と改めて実感。
クリスマスイベのときも大概しんどかったのを思い出したけど、今回は飛行機取れなかったし仕方ない。
 
 
会場入りする前に、もちろん市民広場駅前で撮影ー(笑)

 
一緒に乗ってて降りたドリライ参加の女の子たちは、皆一様に猛ダッシュしてましたが、私はなにをしているのかというね。
でもこれはやっぱ譲れないよねー><!
 
物販会場横を通ったら、案の定ペンライトも売り切れてた。
とりあえず、念のためとサイリウム買っておいて良かった。
会場に入る前にホールをまたまた撮影。

 
警備員さんが、早く行かないのかといった眼差しで見てました(^^;;
 
 
 
以下、ドリライ2013神戸公演千秋楽感想ですが、私は2ndは一回しか見たことないし、全然キャストさんの名前分からないです。
氷帝好きでも、氷帝っ子で分かるのはブギナイで出てたともるんとイセダイぐらい><!
あ、あとつねくんね。
でも氷帝好きなのは変わりないので、とりあえず役名だったりキャスト名だったりで書くけど、気にしないでください。
まあ氷帝のことしか書いてないけどね。
他校ファンの人が見てもなんの面白みもないかと。
 
 
 
■ミュージカル「テニスの王子様」10周年記念コンサート:「Dream Live 2013」(inワールド記念ホール.2013.05.05.千秋楽)
 
 
 
とっても感じの良い女性スタッフさんに案内されて会場入ったら、記憶が間違ってなければ、目の前の花道のサブステで氷帝っ子たちが「氷のエンペラー」歌ってたような。
あまりの近さにビックリ\(^o^)/
 
周りはとっても立海ファンの方々が多かったです。
そしてなんだかよく立海がこの花道サブステに来ていたような。
立海がここにいるときは、氷帝が反対側にいることが多く。
ごめんなさい、私は目の前の彼らよりも延長線上のOブロック側にいる氷帝っ子たちを見ていたという←←
 
 
スタンドからは全体がとってもよく見えて、次に待機しているキャストさんの姿とかもチラチラ。
センターステージの転換も、なんかやってるのが見えてこれはこれで、面白かった><!
ちなみに、捌けるときもよく見えてました。
お客さんのペンライトの美しさにも圧巻。
公式ライトじゃなく、ほぼ色替えられるの持ってる人だったと思うんですが\(^o^)/
私はピンクと、結局水色じゃなく青だったけど、その二本を振ってたけど、まあ学校の色に切り替えるタイミングが統一されてることされてること。
 
 
途中でリョーマにワイヤーが付けられて、空中を旋回しててめっちゃ笑った(*´∀`*)
予備知識なしで行ってたから、手塚が花道の横にずれてなんか四角いとこに立ったと思ったら、その横がなんとクレーンになってていきなり上に上がってきて、めっちゃ近くを通過しててまたまた笑ってしまいました\(^o^)/
私の知ってるドリライの規模を超えてるw
ちなみにこのクレーン、後半では真田も乗ってて、反対側のクレーンでは幸村がお手振りしてましたw
あと、真下から比嘉の子たちが出てきて、船に乗って(正確には押して歩いてですが)センターステージまで移動して中央ではバナーで火がボンボン出てるのもあって、どこかのアトラクションみたいで面白かったー。
楽曲も良かったよ。
他には、つねの跡部がピアノに乗って登場して、滝がカスタネットをタンタン叩きまくってたりw
なんの曲だったか忘れたけど、氷帝っ子たちが上に白いジャケット羽織って歌ってたんだけど、下がハーパンだったから、そのアンバランスさにも笑いがw
 
 
菊丸が3人になったのは、ヅラがなかなか酷かったw
ドリライ4のときのクオリティは何処へ\(^o^)/
あと、なんかキラキラ妖精みたいな物凄い衣装着て、各校のメンバーが2人ずつ踊って歌ってたような……。
ももクロもビックリなカラフルキラキラでしたよ←←
 
六角の子たちが可愛くて、楽曲も元気が出る感じですごく良かった。
ただ、ほとんど六角は近くに来なかったような気がする……。
センターステージと、CDブロック側の花道とかに行ってた印象。
 
 
 
氷帝メンバーでは、ともるんがよくこっちに来てたかな。
あとイセダイもいたような気がする。
「depend on me」があったんだけど、そのときは目の前でずーっと忍足と岳人がいて、もうめっちゃ眼福なり><!
がっくんきゃわあああ。
「がっくんー♪」と堪らず叫んでしまったのは言うまでもなくw
つねの跡部はほとんどこっちには来なかった……と思う\(^o^)/
 
 
知ってる曲が流れると、とってもテンションが上がるよね!
「鏡の中の俺II」はなんか激しくてすごいカッコイイアレンジだったー!
「F・G・K・S」をめっちゃ久々に聞きまして、5年前を思い出し……。
これ聞くと、涙ぐむ和樹くん思い出すのよね。
この曲だったか、「セイヤー」だったか忘れたけど、スタンドにキャストさんがめっちゃいっぱい上がってきて、ハイタッチしてました。
私は通路側じゃなかったけど、すぐ近くを通ってく忍足に仁王にリョーマを見れたよ。
あわわ、忍足が近くにいる((゚Д゚;;;))))ってなってましたw
仁王に沸く周辺を差し置いて、私の目は忍足に釘付け……\(^o^)/
どうせね、元は忍足好き人間なので仕方がないですよね。
 
 
10周年を振り返る映像は、初演から今までのテニミュの歴史がぎっしり。
やっぱり1stの知ってる曲や、見知ったキャストがいると食い入るように見ちゃう。
会場内も楽曲が流れたり、キャストさんがアップになるたびに黄色い悲鳴が。
私もキメ様の「you got game」が流れたりしたらキャーってなって、和樹くんが映ったらピギャアアアってなって、工やケンケンが映るたびにキャッキャしちゃいました。
まーの跡部もめっちゃ久々に見たなあ><!
 
 
最後には風船が上からいっぱい降ってきて。
お友達が全色ゲットしてたんだけど、よく聞いたらこの風船の色って学校の色だったんだね\(^o^)/
全く何にも考えてなかったですw
風船がごっそりアリーナ前方に落ちてて、スタッフさんが甲斐甲斐しく集めた風船を持ってアリーナのお客さんに渡してるのを見て、優しさを感じたよ。
 
 
ほったまが今後のテニミュ関係の告知とかをしてたけど、一番くじがまた出るとか、ファミマで公式通販サイトが出来るとか言ってたような……?
ファミマがっつりテニミュ協賛だよね。
まあ私は生暖かくPOP類を見させてもらうことにします。
店長にはくじを入れてくれるように打診はするけど、どうせまた誰か買い占めていって、私は実物見ることもないんだろうな\(^o^)/
 
 
アンコールが2回ぐらいあったのかな?
ラストは私服っぽい衣装の皆が登場だったんだけど、これってあれですか?
またキャラブックの私服かなんか?
私「新テニ」になってからは、コミックス3巻ぐらいで止めちゃったからさっぱりなんだけど。
でもドリライ3のときのよりは、皆……良かった……気がする\(^o^)/
 
そんなお衣装の皆でしたが。
なんとなんと……!! 氷帝っ子たちが目の前に><!
もうずーっとその花道の先のステージにいてくれまして、ともるんもイセダイもめっちゃスタンド見てくれてる!
そして忍足もがっくんもだよおお。
まさかの最後に超嬉しい至近距離。
つねはアリーナ側を向いてて、他のときも結構メインステージが多かったり、反対の花道行ってたからあまり真正面で見れなかったなあーとか思ってたんですが。
 
で す が!
 
振り向いたつねがスタンド側向いたままになりまして\(^o^)/
キャーってなって、超お手振りしてしまったw
所詮メス猫ですよね、はいww
 
思う存分氷帝っ子たちを満喫して、花道横の出入口に帰っていくのを見届けました。
そしてさらにアンコール。
眼福で満足してたのに……まさかのそこからまたつねをはじめとして氷帝っ子たちが出てくるというサービスポジション><!!
 
さらに再びスタンド側を上まで見上げながら微笑むつねの跡部たまに、なんかはじめてキュンとなった><!
ちょうど正面にいたので、めっちゃ再び手を振っといたわけです。
最後に投げキッスかなにかして帰って行った……気がするけど、テンション上がってたから定かではない←
 
 
 
 

 
さて。本編の感想はこの辺で。
もちろんここからがメインなので!
というかむしろ、申し訳ないですがこのためにドリライ参加したので!
ゲストコーナーの話ねっ。
色々とテンション上がって見てたので、言葉を全部覚えてるわけじゃないけどニュアンスで。
いつもどおりの私の記憶力の範囲内でのことを書いてるので、完全なものをご希望の方はご遠慮ください。
 
 
 
 
突然周囲が座りだしたので、倣って座ったわけです。
誰か出てきて喋りだして、よく聞いてたらなんと初代カツオ役のほったまじゃないの><!
びっくり、もう本当にびっくりー!
続けて上島先生も登場。
二人でまったりとお話をしてたのですが、周囲の雰囲気を察してかゲストの振りを(笑)
「まだ呼ばないよ。ゲストを呼ぶと誰も僕たちを見てくれなくなるから」と、ちょっと焦らしながらでしたが。
どんな格好で登場してくるのかと、もう固唾を飲んで期待しながら構えてたわけです。
 
 
和樹くんはアリーナB側前のとこから登場。
ゆっくりとセンターステージを一周しながら登場したのはいいけど……ええええええええ!?
まんま通常仕様な格好だったから、我が目を疑ったw
黒パンツに黒ジャケットにブーツ。
中はお得意のドクロが大きくプリントされた、これは水色のTシャツだったけど。
え、跡部たまは!????
という具合で、開いた口が塞がらない和樹くんファンがここに一名。
でもまあ登場した瞬間に、「キャアアアアアアアアアア、和樹いいいいいいーーーーー!」と目一杯叫んでましたがね←←
私の後ろからも何人か凄い声で「和樹ーーーー!」って呼ぶ声が聞こえたので、多分ファンがいたかと(笑)
ちなみにお隣の立海ファンの方は私のテンションの替わり様に絶対にビックリしてた\(^o^)/
騒いでゴメンナサイね><、
 
 
 
久しぶりのテニミュだったし緊張してるかと思ったけど、むしろ全然で、いつも以上に饒舌で雄弁でテンション高くサービスも満点な和樹くんがそこにいました(笑)
 
 
ジャケット姿から、氷帝ジャージを着ることに。
その辺にあったとか言って、ほったまが持ってきたジャージを手にして和樹くんに渡してたかな?
Tシャツ姿になるだけで「キャーー」ってなって、氷帝ジャージに袖を通すだけでも悲鳴が(笑)
先生が「久しぶりなんじゃない? 4、5年ぶり?」とか言ってたような。
和樹くんもさすがに中野で着たことは言わなかったので、「そうですね」って返してたと思う。
格好的には、まさしく中野のときと同じで、氷帝ジャージを着ただけの和樹くんです。
トークしてるときも加藤和樹(笑)
ヅラはしてないので、頭を触るようにしながら「落ち着かない」って笑ってて。
 
 
ゲスト恒例だったのかな? 昔の映像で振り返る的なものを。
「やめてー」とか言ってたような気がしたんですが(笑)
初演の頃から数えたら8年も前ということもあり、「ツルツルしてる」とか言われたり言ったりしてたw
うん、日比谷野音のとき並にお肌に潤いと弾力が←
映像で映る昔の跡部を見ながら、カメラでアップになる和樹くんを見ると、やっぱり大人になったよなあってしみじみ。
大人っていうか、青年からいい意味で大人の男になった感じ。
ただ気になったのは、ちょっとお疲れだったかな? 顔がむくんで見えたことぐらいです。
 
 
まずはオーディションのときの話に。
「この人のオーディションは面白かった」とか言う上島先生。
今となってはどれも有名な話ですが、色々とばらされたりw
和樹くんはエントリーNoが1番だったし、これはやるしかないということで、「跡部景吾です」って言ったとか。
先生も「本人が言うなら、跡部だよね」ってことで採用!?(笑)
あと、オーディションに行くときもなりきって行って、横断歩道の信号待ちのときにもインサイトのポーズして待ってたとか、和樹くんが自らインサイトの仕草をしながら暴露してた。
傍から見たら怪しい人ですがね\(^o^)/
 
 
氷帝メンバーはオーディションのときもインパクトあった的な話で。
ルイルイが壁を使ってバク宙を披露したそうで。
和樹くんは自分の番が終わって待ってたときで、ちょっとウトウトしかけてたときだったようで、ビクッとしたとか言ってたかな?
ワッシーはそこにいただけで、なんの役を受けに来たのか言わずもがなで分かったとか(笑)
 
 
続いて工の話題に。
凱旋で新之助先生の振りになったわけですが……。
『氷点下の情熱』の「♪strong enough to fight」を跡部ボイスで歌いながら振りをしてくれて、工と一緒に当時「ヤバくね?」とか言い合ったとかw
そしたら先生が、工と和樹くんは「顔で魅せるタイプだから」とか「顔で踊るタイプだから」と言ってたかな?
※要は踊れない残念な子でも顔と目力とで有無を言わせず持っていく力技\(^o^)/w
褒めてるのかフォローしてるのかどっちかしらね(笑)
でもそれもとっても特技で良いと思います。
というかさっき凱旋DVDを久々に見直してたけど、和樹くんは頑張ってるよ><!
工の絶妙な動きの省きようったら半端ないw
そういえば、鏡IIのあの笑える最初のポーズを披露してくれたりもしたよw吹いた(笑)
 
 
 
ドリライ3rdの話題で、和樹くんがこの場を借りて謝罪をと。
「どんどん行くぜ、メス猫ども」という台詞を、勢い余って「ドンドン行くぜ、メス豚ども」と言ってしまってすみませんと(笑)
本人も気づいてなくて、後から言われて知ったとか。
あのとき会場にいた人? と、お客さんに聞いてたよ。
この話題はどっかで聞いたことあったけど、昔どっかで話してたっけ?
 
 
それからあのドリライは2代目青学とトリオの卒業の公演でもあったという話。
城たんたちに内緒で、皆で寄せ書きを書いたって言ってた。
隠れて書くのは大変だったみたいな、当時の裏話も。
それを受け取った城たんは、あの顔でボロ泣きしてたっていう
 
 
この流れから話題は城たんに。
最近会ったんだって? という振りに「今度共演するので」とサラッとお知らせをする和樹くん。
「一騎打ち」の話になり。
城たんが「♪負けない俺は 今を乗り越えなければ次に進めない 仲間と共に」と、歌ってきたんでと、手塚パートを低音ボイスで歌う和樹くん。
そしたら俺も「♪いい気になるな 俺のテニスは神業 お前を潰すぜ 未来と共に」と返して。
と、またまた跡部パートを跡部ボイスで歌った!
なにが面白いって、台詞を言ったり歌をワンフレーズ歌ったりするときは跡部になるのに、終わったらコロッと素の和樹くんに戻るとこ(*´∀`*)
今までは崩さずにやってることばっかだったじゃない?
なのでこうやって変わる表情が沢山見れるのは、めっちゃ嬉しい。
 
そんなやりとりを語る和樹くんに対して、上島先生が「第二期黄金期。城田加藤の時代だね」って言ってて、なんかジーンと来ました。
 
 
 
ここから先は、好きな歌とかシーンの話だったかな?
「和樹はなにが好きなの?」と聞かれ、やっぱり氷帝といえば……で。
♪俺たちに触るなよ 火傷をするぜ
まさかの生エンペラーキタアアア。
「シャワー浴びてたりもしたよね」の振りに。
♪なぜお前は俺を見る 俺の心を見据える
そして鏡Iもキタアアアア。
時間の関係上バスローブで足元はシューズだったと笑いながら言う和樹くんがとにかく可愛くって。ちなみに、どれも歌は普通に跡部たまな低音ボイスで歌ってます。
「春っぽい曲もあったよね」の言葉には……。
♪なあ覚えてるか? do you do you remember? 俺たちはじめて出会ったあの春の日
まさかのSeason。・゚・(ノД`)・゚・。
ほったまも先生も、どんどん和樹くんに振ってくれて、和樹くんもこれでもかってくらいにアカペラな跡部ボイスで歌ってくれるから、本当にやばかった。
Seasonを歌ったら、「なんだかその辺から出てきそうだよね(他のメンバーが)」という先生や和樹くんの言葉にも胸が熱くなりました。
なんだか本当にひょっこりと旧帝が出てきても、違和感なかったもの。
 
 
印象的な台詞は? だったかな?
以下の台詞は全部和樹くんの跡部ボイスで再生してください(笑)
和樹くんが選んだ台詞はちょっと予想外だったんだけど、桃とのシーン。
随分と楽しそうだなあ、桃城よ
このシーンは跡部がベンチっぽいのに座って台詞を言うシーンだけど、和樹くんはまさかの足を組んでエア椅子をしながらかっこよく跡部で言うから吹いたw
ほったまが「あれ聞きたい! 手塚との試合で」って言ってリクエストしたシーンは……。
 
ヤツを見ろ、球を見ろ、全身の毛穴をブチ開けろよ!
 
きたああああああ!
カッコイイーーーー><!ほったま超GJですわよ!!
私もこの台詞大好きだったから、もうテンション上がりっぱなし。
先生は氷の世界のときのキメ台詞をリクエスト。
ほぅら、凍れ
と、最初はアリーナD側に行ったかな?
ギャアアアアアアアアってなるフロアに笑いが。
「せっかくなのであっちにも」と先生に促されまして。
「ほぅら、凍れ」と、もちろん仕草をつけて全方位に向かってやってくれました。
悲鳴が響く客席に「凍ってないよ」と笑いながらの三人(*´∀`*)
 
 
あまりにも普通に台詞を言ってるもんだから、「最近までやってたみたい」的なことを言われてたよ。
もう……5年も前ですがね\(^o^)/
台詞によっては8年前ですよ。
あとほったまが跡部と間違えて「すっかり手塚が戻ってきてますね」とか言って、私含めて多分皆「ん?」ってなったと思うw
和樹くんがすかさず「油断せずに行こう」と手塚風に言ってて、これまたギャーってなったw
 
 
 
ここまでのコーナーだけでもかなりの尺があったと思う。
正直、アカペラで結構歌ったし……もうこれで終了でも仕方がないよなあって思ってもいたんですが。
 
 
 
先生が意味ありげに後ろ手にラケットを。
「ラケットを持つとスイッチ入っちゃうよ? どうかなったりして……」と言いながら、和樹くんに手渡し。
ソワソワどきどきも最高潮。
やっぱ歌ってくれるのかなーーー><!!
ってなりながら、遠くの和樹くんを見つめてたわけです。
 
俺様にも氷帝コール聞かせろよ!
 
ぎゃああああ、跡部さまあああああああああ。
 
「氷帝! 氷帝! 氷帝! 氷帝っ!!!」
 
もう会場内割れんばかりの氷帝コール。
目一杯の声で氷帝と叫んできたよ!
そして跡部たまの指パッチンの後に出た台詞。
 
俺様の美技に酔いな
 
キラリーンと「俺様の美技にブギウギ」のイントロが。
どよめく会場に響き渡る悲鳴というか、むしろ絶叫ww
漏れなく私も、声が枯れるくらいに悲鳴あげて叫んでましたが\(^o^)/
飛び跳ねてしまったのは言うまでもない。
 
 
恐らくアリーナD側が正面で、トーク中はそちら側に向かって喋ってることが多くて。
ブギウギ歌いだしたら、さらに向こうの反対側の花道に行ってしまいまして、もう完全に後姿しか見えないんだけど、とりあえず歌声を聞きながらその姿を見てたわけです。
ちなみに私のいたとこにはブギウギはじまったら、多分ともるんのジロたんが出てきて花道で踊ってた。
 
 
和樹くんが行く先々で悲鳴が上がってて、面白いのなんの><!
そしてセンターステージに戻ってきた跡部さま。
仕草は指先まで跡部たまなのに、足元はブーツっていうシュールさを感じながらも(笑)
その後どこに行くのかと固唾を飲んで見守っていたら……いたら……。
 
 
こっちの花道にキタアアアアアアアア!!!!
 
 
不敵な笑みを浮かべながら歩き、優雅に歌う跡部さまがそこにはおりました。
さらにしっかりとこっちのスタンド向いて「お前にめがけ」ってはっきり歌ってくれて、もうちぎれるほどサイリウム振ってキャーキャー叫んでおいた(*´∀`*)
私に向かって歌ってくれたと思っておきます←←イタタ
哀れみの投げキッス素敵だったよおおおお。
 
 
2番のAメロからのサビを歌いながら再びセンターステージに戻っていったら、そこには樺地とつねの跡部が。
本公演でもフリーダムだった間奏のとこね。
グラスを受け取った和樹くんは樺地にワインだかシャンパンを入れられて、つねのグラスには自分で注いでいるわけです。
それを飲むのかと思ったら、まさかのつねと腕を交わして互いのグラスで飲むというなんとも凄い技をやってのけた\(^o^)/
揺れてたよ、ワールド記念ホールw
 
高らかにブギウギーと歌い上げて、満足気な跡部さまでした。
 
つねが最後に「加藤和樹さんでした」って言ってたかな?
「これからもテニミュをよろしくお願いします」みたいなことを和樹くんが言ってた気もするけど、ごめん記憶がブギウギでぶっ飛んでるので定かではないです(^^;;
最後はKブロック側の花道を通ってステージを後にしてた。
 
 
 
正直お腹一杯になるぐらいサービスしてくれた和樹くんに、ただただビックリだったよ。
なにより、ブギウギが聞けた&見れたのは幸せすぎた。・゚・(ノД`)・゚・。
まさかフレミンはやらないだろうとは思ってたけど、でもブギウギやってくれるかなあーと期待半分ではあったから、本当に感動。
 
 
見た限りでは、アリーナBの前にもガッツリカメラいたし、スタンドにも何台もカメラ入れてたので、この公演DVDに入れて欲しいなあ。
テニミュのDVDとか凱旋から買ってないけど、これが入っているなら絶対に買うよ!
 
 
もう二度と、テニミュという場所では見ることはないだろうなあと思ってた跡部。
それをまたこうやって見ることができたのは奇跡。
和樹くんには感謝の気持ちで一杯です。
ゲストに呼んでくれたテニミュの関係者の方々にも最大級の感謝を。
 
あれから5年。
和樹くんは数え切れないほどの役をやってきて、今年は青音海斗という新たなキャラクターにも挑戦して。
たくさんたくさん素敵な役もあって、涙するような素晴らしい演技も見せてくれたけど。
やっぱり和樹くんを知ったきっかけの跡部は、別格かなあと改めて感じたよ。
素敵な思い出をありがとう!
 
 

 
終演後は偶然お会いできた子を含めて、和樹くんファン三人で打ちあがってきたよ。
まったく尽きないKKトークが凄いと思った(笑)
写真は帰り際に貰ってきたフライヤー。

グッズはなにも買ってないよ。
 
 
  
【兵庫/神戸ワールド記念ホール】

ページ移動