記事一覧

Kazuki Kato Road TOUR2019~Thank you for coming!~@宮城

2019.04.18

ファイル 115-1.jpg

和樹くんロードツアー仙台!
  
盛岡が大分楽しかったし、終わってから放置もいいとこなので、もう記憶に残ってる範囲内の話。
お一人様のツアーは、仙台が個人的にはファイナルでした。
行こうと思えば金沢も行けたけど、正直……すぐGIG控えてるしいいかなー(^^; ってなったのは事実。
 
 
盛岡からは、バスで再び仙台入り。
着いてから、牛タン食べて、笹かま焼き体験行って、あとパネル展もやってたので覗いてきた。
ちょうどボヘミアンのリリース付近だったのもあり、ショップめっちゃ流れてたなあ……。
 
 
仙台は地下のライブハウス。
途中が学校の廊下みたいに古びた木の床で、ちょっと懐かしさもあり。
終演後打ち上げ先探すので歩いてたら、ようやくMACANAとかDARWINとRENSAとかの位置関係が分かったわ。
やっぱり、いつも同じルートばかりだと覚えないよね。
 
60番台とかだったけど、最近の流れからして、中途半端な位置だと乗るに乗れなくてめっちゃ不完全燃焼率がすごいので、ここでも最後列を\(^o^)/
真ん中から後ろはいつものように……だったからね。
割と最近よくあるこのパターン。
お友達はもっと前だったのに、結局下がってきちゃって一緒に後ろで自由に暴れてた。
 
 
仙台ってことで、伊達政宗ですからね。
なんか冒頭から「満足させてくれんだろ?」だったか「退屈させんなよ」だったか、そんな口ぶりで政宗ボイスでサービスしてた。
ルーパーくんのとこでは、フランケンの曲もやったり。
笑ったのが、「もっとやってー!」みたいな声に「弾けねぇんだよ!!」 って言ってたとこw
頑張れww
仙台は、「セイテンノヘキレキ」「僕らの未来」「MY Girl」だった。
 
 
翌日にNHKの生放送に出るって言うのもあり、本人も意気込んでたなあ。
「ぶちかましてくる」って話してたけど、ぶちかましたらダメだよねw って思った人\(^o^)/
 
 
個人的なファイナルだしってことで、ライブのノリはさておき、私は楽しかった(最後列で後ろなにもないとこで自由に暴れられた)から握手をって思って並んでたら。
フロア降りた途端、あーなんかピリピリした空気だなあ……って。
MCで明日の生放送に絡んで、「帰ったら寝れないんじゃないか」って言ってから、この後東京戻るんだって分かってたけど、案の定張り詰めた感じ。
仮にもうちらお客さんなのに、目の前でスタッフさん怒ってるの見たらびびるよね……。
なまじ昔の記憶があるから、今でも結構怖いってイメージ強いんだけど。
元々「明日頑張ってね!」って手短に言う程度のつもりだったのに、もう、直前でこんなやり取り見て頭まっしろだし、どうしよ、もうなに話そう……っていうか、怖い……ってそれしか頭にグルグルしてなくて、気づいたら私の番に。
 
 
「……お疲れ様でした」
「うんー!」
 
もうこれでいいわ! ってなり、私の方が片手離してるのに(ちなみに私は和樹くんの手を片方ずつで包む感じの握手。両手すっぽり包んでもらう人もいるみたいだけど)
さすがに一言で去るとは思ってないようで、次の言葉待っててくれてるんだけど、後ろが怖すぎて身体斜めに離れかけ。
もー離してーーって、多分(´・ω・`)ってなりながら慌てふためいた後。
 
「えっと……ええっと……。お疲れ様でしたっっ(泣)」
 
自分でも眉毛下がって困り顔だったの分かるんだけど、それになのか、二度同じこと言ったからか。
 
「……ブッ!!」
 
酷いwww 人がこんなに必死に巻こうと焦ってたのに、吹き出したよこの人ww
こんな面と向かって吹き出して笑われたことないよ!!!
こっちが時間や空気読んで手短にって思っても、当の本人があんま気にしてないから意味ないわ\(^o^)/
私ただの挙動不審者じゃん……!!
ダメだわぁ、私……。
ちなみに、お友達からは私がモジモジしてるように見えたらしい。
モジモジなんかしてない!! (つд`)
そのまま逃げるように去りましたがね!!
 
 
 
 
 
 
 
 
以下、仙台の話より大分長くなるし、なんならメインで書きたいのこっちだったのではってくらいの長文話。
 
 
 
初日福岡からはじまったこのロードツアー、本当に九州2日間はハラハラすること多くて、宮崎でぶっ飛んで、また山口で撃沈して、広島から持ち直してって個人的な流れだったけど、総じて思うのは、本人実際ぶちまけて話すわけじゃないからあくまでも私の思うとことして、「楽しみ方は人それぞれ」とか「ファンが優しい」とかMCで言うことあるけど、そういうのって本人のテンションがぶちあがってないときが多いんだよね(^^;;
後先考えずに汗だくで、前のめりになるくらいのライブって、正直ツアー中何本あるかなーって感じになってるし。
 
それが寂しいなって思うことが最近多くて、でも本人はそういう温かい雰囲気のライブでも良いって思ってるふしもあるし、そういうとこはついていけないなあ……って、ここ2.3年くらいですごく思うようになった。
だから私は、最初から雰囲気分かってるKK-Stationに関してはがっつり行こうって気持ちにも年々ならなくなってきてるし、この辺が私の求める和樹くんの音楽やライブパフォーマンスとの違いなんだろうなって。
このロードツアーに関しても、当初はオールバラードでは……と危惧してた程度に、私アコースティックばっかりってあんまり好きじゃない\(^o^)/
……もちろん、バラードだって好きなのあるし、普通に他アーティストさんにしたって聞くんだけど、全部ってなるとまた違うって話。
 
 
そうは言っても、このロードツアーでの和樹くんのルーパー含めて曲やリズムの録り方(取り方)、手元を逐一確認しながらコードをさらってた数年前のツアーのアコギコーナーからしたら、目を見張るくらいの成長を感じたし、聞いてて苦しさしかなかった「snow drop」も力の抜き加減が上手くなって、安心して聞けるようになったし。
今回のツアーを経て得たものが、こういう形であってもライブをして一人でも地道に全国回る動力源になっていけばいいなってすごく思ったわけです。
それでも、本人が役者のお仕事から得るもの大きいって言ってスケジュール主軸にしてる限り、次はいつになることか……という話ですが(^^;;
 
 
 
仙台の話より、むしろ握手とロードツアー統括になってしまった。
 
 
 
【宮城/仙台MACANA】

ページ移動