記事一覧

JOKER Live"GAME" Tour2012-2013~OVER~(in広島ナミキジャンクション.2012.12.22)

2012.12.22

セトリというか、歌った楽曲は記事の一番下に置いてます。
ライブまでリスト見たくない方は絶対にスクロールしないでね!!
セトリじゃないけど、歌ってる曲の感想もあるので、ライブまで見たくない方はくれぐれもお気をつけください。
あと、いつものことながら個人的な感想です。
記憶力も曖昧です、年なので\(^o^)/
 
 
 
 
東京から広島へ朝一の便で移動!
広島は5月のフラフェスとラジオ公録ぶりね(*´∀`*)
物販に並ぼうと思ってたので、早めに荷物預けて会場近くに。
11時ごろ行こうと思ってたので、その前にちょっとレトロな喫茶店でモーニング♪
お友達と合流して、ナミキに。
ちょうど機材車が来てGUNJOVIさんがいたなあ。
で、まあここでちょっと色々ありまして、物販開始時間になるまで周辺に集まるなということで、解散を。
時間になりまして再度集合。
またここでも色々あったんだけど、結局お友達たちが代わりに一緒に買ってくれて本当に感謝感謝で!

グッズはタオルとリストバンドとミラーをお買い上げ。
あと追加でアルバム3枚分。
同じミニポスターもアルバム購入分貰ったわ(笑)
今回ミラーが可愛い色合いだったー。
手のひらサイズのミニミラーだと思ってたら、結構しっかりとした大きさと作りだったので驚いたり。
 
ナミキジャンクションは高松とかみたいに商店街にあるパターンのライブハウスでした。

 
開場して中に。
40番台ギリギリだったんだけど、4列目ぐらいだったかなあ。
センターをキープして、視界を遮られずに真正面から和樹くんをずーっと堪能しておりました。
ミディアムナンバーやバラードのときは、もうまっすぐ延長線上だったので、「私に歌ってくれてるーー><!!」←←
幸せな思考回路を持つと、便利ですw
 
 
JOKER Live"GAME" Tour2012-2013OVER(in.2012.12.22)
 
本日の和樹くんのお衣装は、赤と黒と白っぽいののチェックノースリシャツ……。
なんかカジュアルで\(^o^)/
腋毛にはニマニマしてましたが、あのカジュアルさはない(笑)
チャリティのバッジを胸に着けてたかな?
アンコールだったかどうかまでは覚えてないけど、初日は胸に着けてたと。
 
ナミキジャンクションはお客さんのいるフロアにも照明が付いてて、今まで経験したことのない暑さ。
天井も凄く低くて、初日サマブリでタオル振ってたら、前のコードが吊るして張られてたんだけど、ぶつかってめっちゃ揺れてたぐらい。
楽曲にあわせてフロアにも照明がガンガン。
眩しいのなんの(笑)
でも、本当にステージと近いと言うか一体感があって、凄い箱だった。
これはやっぱりまた体感したい!! って思うぐらい。
まあ会場的に色々ありましたが……差し引いても素晴らしい場所!!
 
 
 
 
楽曲で特に印象に残ってるのは、「pain」と「Break the wall」。
「pain」は日記にも書いたんだけど、とにかく幸志くんのコーラスが凄くてね。
基本的に幸志くんの立ち位置って、いつも半歩和樹くんから下がったところにいるじゃない?
コーラスもどちらかというと控えめだし。
でも今回の「pain」は、思いっきり前面に出てきてコーラスしてるの。
和樹くんの隣に並んで、二人でサビを歌っていると本当に迫力がすごいし、カッコイイ。
なんかはじめて、ユニットなんだ……! って、今更ながら実感した瞬間。
対等に並んでいると、こうもパワーがあるんだなあと。
これを初日で真正面から見れたことが、本当に幸運だし幸せ。
福岡は上手側の横からだったんだけど、やっぱりこの「pain」のサビは、真正面から見てこそ最大の迫力と感動が味わえると思うよ!
なので、皆さん機会があるときは一回でもいいので正面からの鑑賞をオススメします( *´艸`)
 
 
「Break the wall」がとっても素敵で。
元々CD聞いたときから好きなんだけどね。
ライブでもかなりいい感じになってる。
ノリ的にフロアはほとんど動かない感じなんだけど、むしろその方が集中できていいかな(笑)
ウズウズしてる人は、頭とか上半身揺ら揺らさせてるの見えて、後ろから見てると面白い。
私もその手の一人ですが。
「それが唯一の 真実だった」と「似合わないなら やめにすればいい」の歌詞の後の和樹くんの声のコーラスが、本人が歌った後に入るの。
なぜかそれがすっごい綺麗で、毎回聞き入ってしまう。
そしてラストに行くにつれて、激しいリズムになり高揚していく感じ。
和樹くんもかなり激しく頭振って乗ってるのがすごくカッコイイ。
ついつい折り畳みしたくなっちゃうサウンド。
このアルバムの中で、かなり転調のある楽曲だよね。
またJOKERの二人にはない雰囲気やメロディで、こういうのもいいなって思う。
 
 
「last letter」だったと思うんだけど……多分。
和樹くんが久々にアコギ弾いてくれて。
広島は庄太郎さん・幸志くん・和樹くん・勝人さんと四人が一列に並んでて、なんか物凄い迫力を感じた(笑)
doraちゃんとKJさんと勝人さんと和樹くんの並びもあったはずなんだけど、なんかJOKERのときのが凄い迫力。
楽曲はそんなことなかったんだけどね。
でも久々にギター弾く姿見れるのは嬉しいよね(*´∀`*)
さて、あのチェロはどうなったかしらw←←
 
 
毎回気になるのは「Just be with you」の発音(笑)
和樹くんの英語が滑らかになったのはもちろん感じてるんだけど、どうしてもこの曲名を紹介するときの和樹くんの言い方に吹き出しそうになる\(^o^)/
ごめんね、ごめんね><!
でもめっちゃ意識して「th」発音をしようとしてるから、余計に違和感ある発音になってるんよ。
誰かそっと教えてあげてよお。
いたたまれない(笑)
 
 
なんかすごく自然な流れでのジャンプがとっても多かった広島。
「stand up!」「challenger」「NO.1」「Fire soul」ってひたすらジャンプしてた気がする。
楽しすぎてあんまり記憶がないくらいにw
 
それと、フロアからの声で男の人の声がチラホラ聞こえたのも嬉しかったなあ。
なんか和樹くんも幸志くんもニヤっていうか、ピクッっていうか、ちょいちょい反応してるのが可愛い。
やっぱ嬉しいよね!
親子でかな? いらしてる方がいて、2日間とも握手が近かったんだけど、幸志くんのギターの話とか熱く語っててほほえましかった。
楽器とか声とか、歌う姿とか、そんなところに惹かれてファンになってくれる方が多くなるのは、とっても嬉しいことだよね。
 
 
 
~MC編~
 
この日も晴れてたんだけど、ちょうど和樹くんたちが到着した12時半頃にはまさかのお天気雨とか振り出したわけです\(^o^)/
干ばつ地域にいくべきね、やっぱり!
で、雨が降ることに対して、自分だけのせいじゃなくて、皆が期待しているからそういう風になる的な、なんか人のせいにしはじめる技を身につけましたわよこの子(笑)
 
 
広島初日=なかやま牧場の歌+徳山? の歌披露がとりあえず強烈w
六甲おろしで合唱になったことはあったけど、広島すごいとw
「お肉のことならなかやま(なかやまっ)美味しいお肉だモォ~(モォ~)」と、歌うフロアに目をぱちくり。
私たち県外ファンもぱちくりよ(笑)
最初ごちゃごちゃ歌ってるのかと思ってたら、どうやら輪唱するという高度な技術をやっていたらしい広島県民ww
幸志くんがギネスを狙えると呟いてた。@つながるプロジェクトネタ。
フロアの広島県民の団結力半端ないんですけどwww
明日までに覚えてきてー! という話になり、2daysの理由はこれかっ! と。
ナミキはお客さんの顔もとってもよく見えるから大好きなんだって。
幸志くんがフラフェスで話していたのと同じ、行来温泉の話も。
それから昼間だったかな?
むさしのおにぎりも食べたって言ってたよ(*´∀`*)
トオルさんは幸志くんの助言でカタカナに変更したけど、保険証も作りなおしたんだって。
保険証まではびっくりで、フロアからも「ええええ!?」って声が多数。
 
 
毎度おなじみ、CDお買い上げじゃない人調査も。
「まだ買ってない人?」
という和樹くんの声に、挙手するツワモノもw
「それは、買ったけど聞いてないってこと?」
「買ってない」
\(^o^)/
でもね、ライブで最初に聞くのがイチバンそれを知るというか受け入れられると思うし、いいと思うよ。
気に入って買ってもらえたら嬉しいしね(*´∀`*)
「楽しみ方はそれぞれですから」って和樹くんも言ってたし。
 
 
それから広島2daysということで。
「ちなみに、明日も来る人ー?」と聞いた和樹くんに、フロアかなりの数が挙手w
まあそうなりますわなww
「戻って色々考える」って言ってた気がする。
 
 
「OVER」の製作裏話。
毎日一曲ずつ和樹くんと幸志くんからトオルさんの元に曲が届いてきたとか(笑)
「shout!」の「hey!」の部分には、関取バージョン・おねぇバージョン・ものまねバージョンでコーラスが入っているらしいw
三人がそれぞれ重ねて音に幅を持たせるように作ったとか。
和樹くん=ニャンちゅう、トオルさん=吉川晃司、幸志くん=井上陽水
おねぇバージョンは、怖いオカマ声ww和子ではなかったw
幸志くんのモノマネが声小さくて、トオルさんが大きいものだから、距離を置いて撮ったとかw
というか、ヘッドフォンで聞いてもニャンチュウも陽水もおねぇも関取も聞こえないんですけど><!
ちなみに、たぶんこの「OVER」絡みの話した後だったと思うけど、「聞いてちょんまげ」とか「○●してちょんまげ」とか、福岡でも広島でも言ってたなあ……。
なに、またちょんまげブームなのかしらww
 
 
アンコールで「I広島」のTシャツを着てきた和樹くん。
近くの○○○ホーテで買ってきたらしいw
めっちゃサイズが大きくてぶかぶか(*´∀`*)
抽選を終えたら着替えるつもりだったらしいけど……「singer」を歌ってしまい。
しっとり終った後に下を見たままいきなりヒトコト「やっべ……」とか言うからどうしたのかと思ったら、脱ぐのすっかり忘れてただけだったというねw
誰も突っこんでくれなかったことにぼやいてましたが、嫌、わざとだと思ってたわ。
ちなみに翌日2日目はちゃんと脱いでおりましたw
 
 
写メタイムは、ガラケーの人は後方からだとかなり残念なことになると思うw
とりあえずと、数枚撮ったけど残像が(笑)
諦めてほとんど消去して、なんとなく写ってるのを一枚だけ残しておいた。
 
 
握手は一度ライブハウスから商店街のとこまで出て並びなおし。
二日間とも一般の方への晒し者ですw
初日はライブハウス入口手前の階段の踊り場に、和樹くんと幸志くんが横並びに。
超高速な上に、なんかこう……よそよそしいというか他人行儀なパターン。
S氏かPかもしくは箱のお偉いさんになにか言われてるからなのか不明ですが、時々そういう時あるよね。
で、そんな感じでの握手だったので、本当にサラリ……超サラリ。
「お疲れ様でした。楽しかったー!」
「楽しかったです。しっぽの舞台も良かったです! ありがとう」
そんな感じかな。
二人とも「ありがとう」って言ってたような記憶しか残ってないし、はい撃沈ーってパターンで、もう記憶からサクッと自分の不甲斐なさを消したい感じで\(^o^)/
 
 
終演後は、昼間商店街を歩いていたときに話題になった北海道のチェーン店の居酒屋さんに。
広島に来てなんで北海道っていうツッコミですが、お友達が先の札幌ツアーで入ったお店の系列だったので♪
明日もあるし、飲み放題にしたってそんな飲まないよおー><! とか言いながら、全員揃ってめっちゃ飲んだww
どう考えても飲み放題のが安上がり(笑)
でもま、そんなのもご愛嬌です。
そしてこのお店の店員さんが、幸志くん似の男の子だということをお友達が発見し、キャッキャとはしゃいでいたのでしたw
 
 
広島2日目に続く。
 
 
 











 
 
 
※以下、楽曲リスト。ツアー中につき反転処理中。
 
 
 
Shout!
Liar
ROCKING MAN
Stand up!
My revolution
FLY AWAY
pain
Break the wall
get youe vergin
eternal snow
last letter
Just be with you
 
Summer breeze
challenger
No.1
OVER
~en~
Singer
Rolling life
Fire soul

 
 
サマブリからラストは確実に合ってるけど、それ以外は最初を除き微妙な順番なセトリw
歌った曲はこれで合ってるはず。
大阪で補完できるかは、私の記憶力次第\(^o^)/
最近記憶力がとんと落ちてきて困るわあ。
これが老化というものか……おそるべし30代ww
3日連続で聞いて覚えられない時点で、次も無理な気がする←←