記事一覧

Kazuki Kato Road tour 2019~Thank you for coming!~@福岡

2019.03.29

ファイル 109-1.jpg

和樹くんのロードツアー初日福岡、終了ー。
ばったばただったけど、弾丸で帰ってきたw

Versaillesでお馴染みな箱、drum be-1!
いつものお気に入りな二柵前の段上がりをキープで、安定の快適な視界と適度な距離感(笑)

グッズは、和はんかちと拡大鏡付きミラーでした★




久しぶりに聞いた曲、snow drop。
前のツアー時は、ひたすら手に汗握り聞き続けた曲だったけど、安定感が半端なかった。
お芝居(ミュージカル)の影響もあるけど、より楽曲の物語に感情移入できるようになったって話してた。


エフェクター使いながら、コイツとはまだ付き合い短いといい、一所懸命に自分で1個ずつ音をつむぎ、重ね、声を吹き込み曲を作り上げていく。

今まで、和樹くんがここまで楽曲に向き合う姿を直接見たことがなかったから、感慨もひとしお。

とってもとっても真剣で、固唾を飲んで見守りたくなった。

もっと向き合ってきたら良かったと、ギターに言葉をかけてたのが印象的。

en1のひとりじゃないは、和樹くんがどれだけ不安で壁にぶち当たってきたか、なんだか垣間見れたきがした。
いないはずなのに、ひとりでステージに立つ和樹くんの背中には、私にはDrasticsのメンバーが見えたよ。
温かい目で和樹くんを見てくれてる、あの表情が見えた。

歌詞飛び多かったけど、あの余裕のなさ見てたら無理もないかーってなる\(^o^)/
本人も途中苦笑いからの開き直りしてて、イライラ感は感じ無かった。


緊張してたのもあるんだろうけど、序盤ひとりで捲し立てるようにノリツッコミで、誰もいないと。

ひとりでって言ってたけど、セットも自分でやってるような口ぶりだったなあ。

エフェクター使ってのギターのコーナー、すっごく鼻水垂れてきてるみたいでしきりに鼻すすってて気の毒だった。
他人ごとじゃないわ。


待っててくれる人がいるところに、自分から会いにいかなくちゃって話を、音楽仲間からも言われたって。
バンド組んで行くことも難しかったりもするって赤裸々に話してくれたのは嬉しかった。


和樹くんには気持ちの面で背負うものたくさんで、大変なんだろうけど、音楽と向き合う意味も含めて、このツアーは凄い意味のあるものになると感じたし、今後の可能性も感じれたなあ。


それにしても、このツアーほぼバラードやアコースティック覚悟してたから、初っ端から悲鳴あげたよね\(^o^)/

【福岡/drum be-1】