記事一覧

THRIVE Live 2019 - B-project@横浜

2019.03.10

ファイル 108-1.jpg

初のパシフィコ横浜、初のTHRIVE単独ライブでした!
Bプロちゃんは、THRIVEの3人が生で歌ってくれるものは初期から欠かさず行ってるので、今回も当たって本当に良かった。
さすがに初回で当たらないと厳しいよなあ……と思ってたので。
今夏の夏ライブも最初が肝心……!
 
物販はお友達が朝早くから並んでたのに甘えて、とりあえずリングライトをお願いして。
3個先に引かせてもらって開封したら、全部あしゅくんのピンクだったー!
ツイッター見たらタオルとTシャツの一部サイズだけ品切れで、後は売ってたので、お友達たちに合流してサクッとご飯食べてチケットやり取りしてから、ぷらーりと買いに行ってきた。
追加のリングライト3個と、なんとなく缶バッジ1個。
で、またしても全部あしゅくんのお色w
え、6個買って全部ピンクメインって、私あしゅ担じゃないんだけどw
バッジはちびイラストのケンケン。
正直そんな欲しくもなかったこっちだけ引きがあるってイッタイ……。
ちなみにお友達はケンケンコンプな上に、お写真もケンケンとあしゅくん( *´艸`)
さすがの引き! かける愛情が違うのね……反省!
それにしても、物販買い行く途中でいっぱいいたイベント来てるおにゃのこたちは皆若いし、小奇麗にしてる子たくさんで、おばさんは見てて目の保養だったわー(*^^*)
いつ見ても、あの痛バはすごいわーって思う。
保安検査通るのか、聞いてみたいわw
 
 
海側から建物の下をくぐってホール正面側から入場。
ペンラ受け渡しが入場後別だと嫌だなあ……と思ってたけど、とりあえずレーン別にしてくれてて良かった。
入ったらすぐにお花が。
人が多くて、うたこ先生とレボレボからのしか撮らなかったけど、どちらも赤がメイン(*^^*)
うたこ先生からのお花、今回のライブのロゴでめっちゃクールでかっこよかったー!
からの、ロビーにはファンの方々からのお花と、3人のパネルが。
ここもとにかくごった返してたから、とりあえずなてきとー撮影ですが。
 
 
今回33列だったし、パシフィコは5000って聞いてたから、多分相当後ろかなぁって思ってたけど、普通に入ったら近かったのでびっくり。
ビロードっぽい(遠目には)深紅の幕がお上品で素敵だったし、セットはブロードウェイ風なステージな感じだった。
 
 

開演後の記憶は……例によってテンション上がりすぎて\(^o^)/
セトリも曖昧だけど、ものすごいピンポイントに記憶に残ってるものもあるのが私らしいな、と。
以下、楽曲はほぼほぼ順不同。
思い出したままに書きなぐってるので気にしない。
 
とりあえず、真ん中より後ろだったのに、ステージでの特効の熱が届いてめっちゃ暑くなったよ。
板の上の皆は相当暑かっただろうなあ。
笑ったのは、とっしーが暑くて汗拭いててタオルで拭いた仕草w
おじさんがおしぼりで顔拭くみたいに両手で拭いてて、和樹くんに「としゆき出てる」って言われてて(笑)
 

ライブでは、綺麗な和樹くんがたくさん見れたー(*^_^*)
髪型もバッチリすぎて、なんだかんだで生で見たのは4ヵ月ぶりなご本人はキラキラしてた(笑)
エンドロールの字幕まで見えなかったけど、お友達が野鳥の会で見てたら江夏さんのお名前あったらしく、そのせいもあるのかな♪
 
ごーちん、あしゅ、けんけんの衣装に寄せたの各々着てて、肩はだけてるのキープしてたから肩口カットしたデザインなのかと思ってたら、ラブセクでちゃんと着なおしたので、あれ保つのなかなか面倒いなあと感心w
とっしーは衣装に併せて自前の靴下がキラキラしたの履いてたらしく、和樹くんが随分早くから衣装着てるなあと思ってたのに、自前だったのか! と(笑)
 

割とMC長くてちょっと間があったりグダグダ感はあったものの、真面目っこな和樹くんと花江くんがとっしーににじり寄り、次に進めようとしてたの可愛かった(≧∇≦*)
あと、終盤終わっちゃうのが寂しいと言って、これまたとっしーに近づく和樹くんも可愛かったなあ。
 

ノンストップで前半終わったら、アニメの止め画で背景ぐるぐる変化させたキャラ画でのエピソードであしゅメイン語り。
昨夜はリハ後に近くのホテルにお泊りしたと。
いつもマンションで皆一緒だけど、ホテルだと別々だから寂しい的な話になり、あしゅがごーちんにライン(JOIN?)したけど、いつまでもそのままで未読スルー(笑)
今度はケンケンの部屋に行ったら、真っ黒なパックをしてお出迎え。
ストレッチしてたりするケンケン。
ごーちんの部屋番号ケンケンは知ってるのに、ボクは知らない!!! と、鼻息荒く騒ぐw
教えてくれないから廊下で「ごおおおおーーーちぃーーーーーーーーんんんん!!!」と大声出したら、出てきたごーちん。
お高いフェイスマスクでまだ40分経過してないからと、そのままの真っ黒なお顔で一緒に居たケンケンみて絶叫したっていう話だったw
なんでこんなキャラ設定になったのごーちん(笑)
しかし、ごーちんはあしゅにいじられすぎである\(^o^)/
ちなみに大声出したあしゅだけど、フロア全員スタッフさんで貸切ってことは知ってた模様。
 
 
他に映像系だと、キャストさんの映像があって、遙日役の八代くんと、モモタス&唯月のかっきー&タロリーヌ、おさりの森久保さんのと計3本。
とりあえず、かっきーとタロリーヌが強烈過ぎで全部持ってかれて記憶がww
ノリツッコミ激しすぎるし、かっきーフリーダムすぎである(笑)
AQPでやる振りの手の部分、かっきーだけ狐だったらしいw
多分LOVE×3のとこだよね。
ちなみにとっしーはサマライ? で気づいて「柿原さん、それ、多分こうです……」みたいなこと言ったらしいけど、本番もう完全に忘れられてた的な\(^o^)/
和樹くんもメロイックサインの間違ったのみたいなのだと思ってたみたい。
 
キラキンもむんずちゃんもTHRIVE単独に続けと、ソロライブについて含み持たせてたし、期待したいよね!!
むんずちゃんはライビュあったら絶対に行くー♪
楽曲もユニットも好きなのはTHRIVEで、アイドルとして好きなのはむんずちゃんなんだ、私。
キラキンちゃんも楽曲は好きだけどね☆
 

 
 
THRIVEのライブだけど、Bプロとしても魅せたいみたいなニュアンスのこと言ってて。
全員曲歌ってくれるのかなー? と思ってたら、確か照明赤くなってだったと思うけど、そこからワオーンの遠吠えが響いて、ん? なんだろ??
 

え、このイントロは……!?
 
まさかまさかの「HungryWolf」! キラキンちゃん曲?!
「おとなしくしないと食べちゃうよ☆」の、あの問題曲ですよ!!
激しくテンションあがり、動揺している間に、畳み掛けてくるまさかの動き……。
最早誰がどのパートだったかすら覚えてないけど、あの(「・ω・)「 ガオーと、ニャンニャンみたいな仕草してる和樹くんに撃沈!
このギャップはいかん!!
THRIVEがこんな可愛い曲やるなんて思わないもん!!!
花江くんの猛プッシュ曲だったらしいけど、よくやった!(笑)
フロア絶叫だよね、色んな意味でw
これはねー、もう絶対レア! こんな和樹くん見れただけで貴重過ぎで、ただただ感謝です。
私、絶対口元ニヤニヤしてる不審者だったわ……間違いなく。
 
 
で、息つくまもなくキタコレの「ワンダー☆フューチャー」が!
キタコレ曲では「クランクイン」の次にめっちゃ好きだし嬉しい! ってなってたらタオルブンブンするんだもん、ついペンラ左手に2本持ちしてタオル回しちゃったよね!
和樹くんのタオルさばきは流石で(笑)
でも、せっかくタオル回してたけど、視界に入る限りフロア誰も一緒に回してなくて(´;ω;`)
勿体ない……!


からの、むんずちゃんの「SummerMermaid」♪
コレもめっちゃ好きなの!
Bメロからサビに行くとこのリズムとか最高なのよね!
むんずちゃんも比較的爽やか系多い中、あえてこれ持ってきてくれたのめっちゃチョイス最高すぎです。
サビで腕あげてペンラ左右にフリフリした動きしたの、幻想的で綺麗だったあ……!
ペンラであの動きしたのは初めてだった。
 
 
 
和樹くんが、花江くんととっしーが話してるのに全然違う一点の下手側ずっと見てて、あ、なんかあったなって様子追ってたら、体調悪くなった方いたみたいで。
見てないようで、実は伏せ目がちにしながらでも見てるよなあって常々思ってはいたけど、この規模でも気づいたのは凄かったなあ。
キャラを保ちながらでも、いつもの和樹くんの姿が垣間見れた。
 
 
からの、フロアをぴぎゃーってさせること言って(細かい台詞は忘れた)、とっしーに不意打ちでそういうことするからテンション上がってやばい人出るんだろみたいなこと言われてて笑ってしまったw
 

 
ソロ曲の話。
 
あしゅ「Happy ending」は、うさぎさんと熊さんの着ぐるみさんと一緒に風船持って登場。
ふわふわ可愛すぎで……!
花江くんの仕草も可愛かったけど、私の目はうさぎさんと熊さんに釘付けだったw
風船→新体操でやるリボンくるくるみたいなのやってて、うさぎさんがちょっとへたっぴだったのにときめいたw
からの、フリスビーを受け取った花江くん、全力でぶん投げ\(^o^)/
最初はあんま飛んでなかったけど、四投目凄かったわ……!
「Allright」は、今度は旗を持ってピッピッ! いちいち本当に可愛いのね!
最後はまさかの階段昇ってって、上段でケンケンと入れ替わるマジックショーにびっくり。
 
 
ケンケン「Love in secret×sexy night」は、個人的にラブゲームより好きなので久々に聞けて嬉しかったー。
上着バサっを何回やるかニヤニヤして見てましたw
「LOVE GAME」はツアーでも散々見てきてだいぶ耐性付いてるので、特筆すべきことはなかったゴメン。
ミラーボールなかったの残念だなあ。
 

ごーちん「Stand to the top」! やっぱとっしー歌うまいわぁ……って聞き惚れつつ、曲もカッコいいんだもん!
サビ最後の動きね( *´艸`)
「Lonely fangs」ダンサーさんたちがめっちゃいて、とっしーが殺陣……だと?! となりながら、めっちゃ大好きな曲なのでガタガタしながらペンラ振ってた怖い人がここにw
長物使ってたのにはびっくりしたなー。
今思えば、フロアの視線釘付けにする演出ってのもあったんだと思うけど。=次の曲がフロア降り曲だった。
ソロ曲ではごーちん曲がやっぱ聞いててテンション上がるし、曲調も好みなのよね。
 
各々のソロ曲の話。
和樹くんがあしゅ曲に対して、ピッピッってする仕草が良いって言いながら、同じようにピッピッって動かしてて、横でとっしーも同じことしてた。
花江くんはごーちん曲に、あのカッカッって言うのがー♪ っていう(語彙のなさ)のがあしゅっぽかったw
和樹くん本人の話では、夏に物議をかもした例の下半身抜きのだけど、そう言われてるからやるからにはと頑張った模様。
とっしーは、まさか手錠をかけられるとは……って言ってて、言われるまでそこは気づかなかったわ! どういうコンセプトなのか、だけど(笑)
 
 
で、ソロ終わってキャッキャしてたら、ステージまだ人残ったままで「3.2.1jump!」が。
人間予想外のことが起きると、素が出る瞬間だよなあーと、よーく分かった。
 
モニタも見るけど、基本ステージの方見てるから、細かいことまでわかってなかったんだけど。
とりあえずテンション上がって、わーって見てたらですね……。
いきなり目の前2mのところ、居るはずのない場所にいきなり和樹くんが居て、しかも私の斜め前の方ずーっと座ってらしたから、前方遮るものなにもなく、恐らく台に乗ってたであろう本人と目線の高さも近くて。
あまりの予想外の出現に、後ろにのけぞってしまったww
さぞかし間抜けな、かつ目まん丸に見開いたアホ面して引いてたことでしょう( ̄▽ ̄;)
こういうアホっぷりは、灼熱で「口説き文句のフルコース」されたときぶりだなw
ほとんどの子は前のめりになると思う、うん。
その座ってた方もぬいぐるみ見せて前に乗り出してたし。
でも私、普通に「え……? うわっ……!!」って引くという。
ちなみに、隣に居た友達も全く同じく後ろに引いてて、私の反応が同じだったのを見てたらしいw
ここで本来なら「キャーーーー!」ってしなくちゃいけないんだけど、出来ないものは出来ないって和樹くんに話して笑われたから、もういいんだもん(つд`)
曲は1番の間ずっと居たような……?
結構こっち向いて歌ったりリズム取ってくれてたので嬉しかったです。
別に嫌なわけじゃないから、突発的なのに弱いだけで、嬉しいんだよー!
とりあえず、衣装替えの赤×黒×裏地金のロングジャケットの素晴らしくカッコいいお衣装にやられてたのに、その格好のままの至近距離の不意打ちはダメージ大きすぎました。
本当に美しかった……! あの色合いの衣装はJOKERぶりだなーって。
 
からの、上手と下手チェンジで花江くんがぴょんっと現れ。
ぴゃー、可愛い! 仕草あざとい! 目の前にいるからどうやってもステージにいるとっしーにまで目が行かないわゴメン!
ピンクライトこれでもかってくらいぶんぶんしといた☆
 
 
「3.2.1jump!」の裏話で、手の動きを和樹くんがやる3が、人差し指(1)人差し指と中指(2)小指+薬指+中指(3)なんだけど、どうしてもこの(3)の形が上手く出来なくて4になってたとww
1.2.4……\(^o^)/
帰宅後、サマライとか見直したけど、上手い具合にごまかされてて確認しきれなかった(笑)
 
 
「Needle No.6」はいつもながらスタイリッシュなバックスクリーン映像。
いつも△▽があるのはなんか意味あるのかな?
この曲はひたすらカッコよく決めてた。
 
「Love addiction」
白のソファやスタンドとか出てきたから、何かなー? と見てたら、ソファにごーちん→あしゅとすわり。
ケンケンはソファの後ろにもたれるように。
あわわ、皆の切なげな表情や仕草が……。
途中和樹くんだけ一人ソファにしっかり座って歌うの見て、意外にリズムも取らずにきちんと歌うの難しいよなあーと。
ラストのソファに残る温もりを指先でなぞるの、アレはやっちゃ駄目なやつです、ひえー\(^o^)/
片足を曲げ、もう片方は伸ばして怠惰な感じも溢れ出る色香が……。
ごーちんは手に赤い箱? 小さなの持ってから渡せなかった指輪かな?
あしゅはごめん、色々衝撃凄すぎて追いきれなかった(^^;;
とりあえず、楽曲最後の演出に後方からどよめきが聞こえてきたくらいには、色々と問題作でしたわー。
 
 
「tick tack」
とにかくめっちゃかっこよかった! 衣装のせいもあるけど、本当に危険!
ダンスはいちばん拘ってたんじゃないかな。
フォーメーションもすっごい良かった。
和樹くんの衣装だけロングジャケット(ロングコート)なんだけど、これまた長身なのもあるし、マント捌きがめっちゃ良くてですね……!
時計の針を表す仕草は前と同じだけど、見たことない動きもしてたなあ。
絶対伝わらないんだけど、両腕広げて指先曲げてピロピロしてる仕草が、個人的になんかツボってしまったw
 
 
新曲も披露してくれて、タイトル「グローリア」しか聞き取れなかったけど、アッパーな感じの楽曲で、曲も良かったけど、演出もボンボンと特効上がってて暑かった!
さすがに新曲=「YOLO」じゃなかったけど、これは夏のライブのお楽しみ! だよね。
とにかく楽曲のふり幅広くて、Bプロちゃんはこれだから大好き。
 
「the one and only」はこの曲を最後にしたかったみたいなこと言ってたような。
生歌で披露してくれたのは初めてだったもんね。
大好きなんだこれ。
記憶にはあんま残ってないけど……。
 
 
 
MCのこと。
 
花江くんすっごくすっごくライブ楽しみで、今日は5時起きだったって言ってたような……。
そこから二度寝はできないから、アニメのOAの見てたって。
あと、グループLINEであしゅの「やったぁ~!」を連打しまくり、気づいたとっしーに「うるせぇ」!をされ、和樹くんには「ちゃんと謝って欲しいね」を(笑)
スタンプだけで、本人たちが会話を成立させるっていうw
後に私もライブ後にお友達とコレやって遊んだ( *´艸`)
 
ダンスがちょっと自信がなかったと言う花江くん。
tick tackのダンスをもう少し簡単なものにするかと言われたらしいけど、そんな申し出は駄目だと!
より上を目指す姿は素晴らしいね。
納得できないところを、もう一回したいと言えば、和樹くんもとっしーも快く付き合ってくれて嬉しかったと。
それを聞いたとっしーが、「おじさん達泣いちゃうからやめて」って笑いに逃げて和樹くんの側に寄ってった。
この三人だから出来たっていう話、しきりにしてたなあ。
 
そんなとっしーは、この三人ならいつでも何とかなるだろうって。
和樹くんとはもう16年? くらいの仲だし、花江くんとも当時別の作品で深い役の繋がりとかもあったようで、なんとなくでもお互いのこと知ってたし。
だから、いつもと同じく今回のライブも大丈夫って思ったって。
それはとっしーがまとめてくれるからだよ、みたいなことを和樹くんが。
とっしー、泣きそうになるからやめてって。
 
和樹くんは、毎回どんな曲か楽しみでって語ってた。
 
あと、役関係ないところで二郎の話にもなり\(^o^)/
和樹くんのチャーシュー差し入れのこともとっしーが話してたけど、和樹くん本人はあんまり素を出さないように気漬かってるの分かったなあ。
深い語りまではしてなかった。
そんなお手製チャーシュー、体力勝負のダンサーさんたちにもお配りしたけど、一瞬でなくなったって話してた(笑)
 
歌ってるとき以外は、和樹くん基本くねっとしてて、重心片足にかけてる感じ。
いちばん背も高いのに、なんだか細くて中性的にも見えてくる不思議……!
特にアンコールの格好、肩周りざっくりで黒インナー見せからの、下は安定のビロビロフリンジw
衝撃のアレンジだったけど、それ着た姿がめっちゃ女の子みたいでびっくりしたよ。
とっしーはスタッズ入れてて、花江くんは両サイドの裾をリボンにしてて、各々個性的。
 
お衣装の話では、初期の格好久しぶりに着たって言ってたけど(そんな久々な感じしなかったけどなー)とっしーは胸周りが窮屈になってるようなって(笑)
 

今後の展望の話になり、花江くんが単独の次は、ツアー!! と!
うんうん、絶対ツアーやって欲しいな(*^^*)
やるならなるべく早くしてって言ってたとっしーに笑った。
あと、終わりたくないー! って駄々こねて寝転がってじたばたしてる花江くんが、リアルあしゅを見てるようで……可愛かったあ。
 
アンコールはAQP! やっぱこれだよねー( *´艸`)
狐さんはやってなかった……はずw
銀テも噴射されたけど、うちらのお席のとこから2階席かぶってたから、ギリギリ前列までしか落ちてこなくて残念だった。
まだステージで皆話してるのに、後方から銀テ回収に来てる方々結構居たけど、ステージのメンバー見てたよー(^^;;
毎回思うけど、こういうのって人間の欲というか本性出るからねえ。
応援してる方に、あんまり醜態晒さないようにしましょ。
私も欲しくて交換希望ツイは書いたけど、冷静に考えて、やっぱ思い出は思い出、自分で取ったりその場で譲り合ったりっていうのが良いので、結局取り下げた。
サマライやブリパのとき、知らない方々と色分け合ったのもすっごい良い思い出で残ってるし(*^^*)
ライブもめちゃくちゃ楽しかったし、それでいいじゃん! ってね。
 

そうそう、最後のご挨拶は三人で階段を登り、手を繋いで生の声で挨拶してくれた。
いつもの和樹くんのライブみたいで、こんな大きな会場でもありがとう……! って。
 
 

 
単独ライブ、あっという間で本当に楽しかった!
Bプロに出てくれるようになって、和樹くん自身では歌わないような楽曲が本当にたくさんで。
やっぱり色んなジャンルの曲って大事だよなあって思うと同時に、たとえ声優さんのお仕事であったとしても、こういう歌をたくさんリリースして貰えるのはなによりファンとしてもありがたいことなのです。
これからも、B-projectとしてもTHRIVEとしても、もっと色んな音楽を発信してくれると期待して……。

 
 
帰りは皆で横浜駅まで出て、崎陽軒のディナーでした!
ご飯すっごいボリュームで食べ切れなかった。
お昼のピザといい、食べ過ぎた感凄かったけど、また頑張ればいいよね。
そして私は、安定の羽田始発6時台で帰路についたのでした。
 
 
 
【パシフィコ横浜/神奈川】

ページ移動