記事一覧

KAMIJO Sang project ActII TOKYO BASTILLE day1 @東京

2018.08.09

KAMIJO Sang project ActII TOKYO BASTILLE day1 @青山RizM


 
Sangツアー終えての、夏ライブ。
その名もTOKYO BASTILLE。
KAMIJOのソロ活動5年の歴史。

 
彼が生み出してきた楽曲。
それらが要塞となり、立ちはだかる。

KAMIJOが、生み出す曲は過去を塗り替えるものにしなくちゃいけないって話をしてて。
そういう想いがあるからこそ、これだけ深い曲たちが生まれてくるのだろう。

SOTVを越えられなかったものが、カストラートで次に昇華できた。
そして、立ちはだかるカストラートを越えたのがSang。
ライブも楽曲も、常に上を模索して進んでいく。

「私たちは戦う昨日までの自分と」

ミクちゃんに歌わせてた楽曲ではあるけれども、今回のテーマはまさしくこれだよね。

そのときには最高であったとしても、妥協せずにさらなる高みの楽曲を、ライブを魅せてくれる。

KAMIJOの頭の中には、こういう考えがあるんだって再確認できたし、現状に甘んじることなく戦っている。
本当に尊敬するし、素晴らしい人だと思った。




ライブは、Heart来たとき死ぬかと思った\(^o^)/
立ちはだかるソロ活動5年の楽曲。
闇夜のラインとかサンクチュアリとか、追憶のモナムールとか久しぶりすぎて感動したし、ブレなくVRSが2回来てヘドバンかましまくり、ジャンプしながら腕上げは普通にあったけど、ジャンプしながら拳振りまくり頭ガンガンってはじめてだったわw
拳ヘドバンとも違う(笑)

センターだったけど、男の人3連からの背の高いおにゃのこの壁で、基本KAMIJO見えなくて、anziとMASASHIとMekuちゃん見てたww
MASASHIめっちゃ痩せたい痩せたし髪の毛短くなったから、イケメン度かなり上がってたよびっくりした(*^_^*)
ゆきおは隙間からちょいちょい見えたけど、やっぱ素敵でした♪

KAMIJOはanさま弄り楽しそうねー(笑)

投げたタオルが天井に引っかかったけど、終演後おにゃのこが担がれながら取ってて、なんか拍手が(笑)



ライブコンセプトが、東京にあるバスティーユ。
そのバスティーユ(要塞)を陥落させるために諜報員と私たちが乗り込むけど、初日は諜報員消されちゃったよ。゚(゚´Д`゚)゚。
明日以降応援部隊がくるらしい(明日参戦の人)

とにかく、バスティーユにいる楽曲たち、そして指揮官のKAMIJOが手強い。
なにより、混乱する諜報員のSE聞きながらニヤリと笑う王子様の美しさと妖艶さに鳥肌たったよ。


明日以降なにが立ちふさがるんだろう!!
気になるーー!!

名古屋行くより気持ちはこっちに向いてる、今。



今年はもうKAMIJOの歌聞けないかなあ……。
寂しい。



しっかし、今日はお腹の底から叫んだ飛んだ! 頭振りまくった!!
髪の毛ダメージヤバいw
全身で楽しんで、まさしくライブってこれだよなー!! ってなった!


青山Rizm、めっちゃ綺麗で照明替わりみたいなLEDパネルが天井まであり、めちゃくちゃ明るくて斬新だった!
ステージ激狭。また行ってみたいな。



 
 
【青山RiZm/東京】