記事一覧

Kazuki Kato Live"GIG" 2015 TOUR ~Ever Onward~

2015.05.03

Kazuki Kato Live"GIG" 2015 TOUR ~Ever Onward~

全日程終了しました。
この記事では、全体を通しての感想や楽曲中心のお話を。
MCに関しては、個々のツアー会場でのものに書いているので、あまり細かくは触れません。
あくまでも個人的な感想なので、まあうちのサイトお越しいただいている大多数の方はご存知と思いますが、そこのところはよろしくお願いします。


会場別の日記はいちおまとめておく。

福岡BEAT STATION 5/2
広島ナミキジャンクション 5/3

番外編:広島フラワーフェスティバル 5/4

岡山IMAGE 5/5
高松MONSTER 5/6
大阪梅田AKASO 5/8
京都MUSE 5/9
金沢AZ 5/10
新横浜NEW SIDE BEACH 5/12
札幌KRAPS HALL 5/15
静岡Sound shower ark 5/23
名古屋ダイアモンドホール 5/24

今回のツアーは、和樹くんのツアーの中でも史上最多の全国14箇所での公演!
私も、11箇所とこれまでの中でも一番多く参加させていただきました(*^^*)
日程がとってもありがたかったのです。
土日中心になると、多分私の場合半分は行けなくなるからなあ……。
平日も組み込みながらのスケジュール、今後も続けてほしいなあと思いつつ。
長い間やるのもいいけど、ぎゅぎゅっと凝縮された日程のほうが燃え尽きた感は味わえるのもいいところ。

初日福岡はDrastic Glamourぶりだけど、結構九州スタート多いよね(*´∀`*)
いつか、ファイナルやって欲しいなあ……とか、贅沢なことを。
でも、ツアーで来てくれるだけでありがたいので、これ以上は言わないことにします。


初日終了後の日記にも書きましたが、今回はとにかく前半に懐かしい曲が多い! っていう印象が強かったかな。
特に武道館~野音を思い出すような楽曲が揃ってて、色んな意味でジーンと来るところがありました。

去年のツアーで、和樹くんは連チャン多かったけど喉の調子も良くて、今回も色んなミュージカルを経ての部分もあるから、心配はしてなかったんだけど。
蓋を開けてみたら……。
あそこまで、歌っている途中で喉に張り付くような、乾いた声が詰まって出ない姿をライブ中見たことがなかったから、様子がおかしいな……とは思ってました。
和樹くんの声が好きだし、歌う姿を見るのが好きだけど。
初日の「君とずっと」も、音程はもちろんだけど……なんか掴めてないなって感じたし。
なにより「snowdrop」を聞くたびに、こっちまで力んでしまい、もう固唾を呑んで見守るようにし続けたわけです……。
頑張れ、擦れてもいいからちゃんと声が出ますようにって。
札幌辺りから目に見えて、あ、持ち直してきたかな……って部分は感じたけど、新横浜ぐらいまでは肩と背中が痛くなるくらいだったよ。
本人も苦しそうにしてるから余計に思ったし、なにより吸入してまでって辛そうじゃない。


セトリの件。
元々あまり変えるタイプじゃないからこそ、気になる部分でもあって。
やっぱり見ている私からしたら、声が出ない……思ってるように歌いきれないと分かる部分があって、そこをカバーするために、A・Bパターンと、手探り状態の広島パターンがあったんじゃないのかな……って思ってます。
ま、これはあくまでも私の勝手な考えだけどね。
ただ、要所要所では歌ってたし、そこは一番軸にしたかった部分を届けたかったのだろうから、コンディションを見ながら調整してたんじゃないのかなと。
※しつこいようですが、あくまでも私の一意見なので、真意はどうだったか分かりません。
ただ、お友達とかと話してても同じような感じを受けててたし、まったくこういう考えがなかったとは思えないな、と。
本人に聞いても、きっとはぐらかされるの分かってたし、むしろ私たちにそういう風に受け止められてるって知ったら、変に意地張りそうだから、決して握手の時には言わなかったけど。


だからこそ、ファイナル名古屋で聞いた「snowdrop」のクオリティはすごくて、ああ、本来こういう状態で持って来たかったんだろうな……って思うと、なんか歯がゆくて。
もったいないって思うし、むしろツアー途中私はあの朗読~「snowdrop」はなくしてもいいって感じてしまったほどだもん。
でも本当は、この形で届けたかったんだよね。
ツアーって、それでなくてもこれだけみっちりとスケジュール組まれてると、前の調整も大変だと思うし、ツアー中の体力や喉の状態の維持もそれは大変だと思うのです。
私たち一般人が思っている以上に。
デビューしたての子で右も左も分からないんじゃないんだから、せめてツアー前の仕事は、もうちょっと考えてさせてあげて欲しかったなって思います。
さすがに、前日まで朗読劇+生放送はないよね……。
その前にリハ前から根つめてやってたらしい、ドラマの撮影しかり。
和樹くんがライフワークにしているこのライブで、せめて納得できる状態でできるように、サポートしてあげて欲しいっていうのが、一ファンとしての意見です。

今回のツアー、お衣装が久々にヒット( *´艸`)
私は基本的に、カッチリした格好が好きなのです。
なので、前回のSASFのラフな衣装より、やっぱシャツ姿のが好きー。
ジャケット羽織って、ちょっとクールな感じで出てくるのに、キュンってなっちゃう♪
うちの母曰く、昔から和樹くんの衣装見るたびに言ってたけど、タイシルクねw
このシャツ姿が今回はどの会場でも統一してくれてたので、毎回楽しみだったのです。
語りがあるときは、ロングカーデ羽織ることが多くて、それ以外はアミアミ白ニット。
どっかで白ニットが胸の辺りほつれてたように見えたけど、気づいたら直ってたから気のせい?
3回目の衣装替えは、もれなくノースリ(*^q^*)
素敵な二の腕に、腋毛に、脛毛もねっ!!! ←←
ところどころでグローブつけたり着けてなかったりも。
enのツアーTは、毎回アレンジが衝撃的w
KJさんや勝人さんがプロデュースしてたのもあったり。
やっぱピーチネズミに齧られたっていうあのオレンジTと、福岡初日の向こう側が見える抉り取られた金太郎みたいな格好の紺Tは酷かった\(^o^)/
個人的には、フリンジ頑張ってスカドラのとこ綺麗に切り取ってた勝人さんの黒Tデザインが笑ったけどw
あんまりオレンジは着てなかった印象なんだけど、どうかな?
私がオレンジ着なかったから、余計にそう思っただけ?
最後とかきっとオレンジだろうって思ってたのに、静岡名古屋ともに同じ色で自分が着てた色とかぶったからびっくり。
ま、失礼ながらかーくんもあんまりオレンジ似合う感じじゃないもんね(笑)
私が言うなって話ではありますが><、
ファンの子はオレンジが人気だったねー!
うん、可愛い子は似合うからいいと思います。
私はやっぱり無理でした……。


アルバム楽曲については、割と前半は喋ってた気がするけど、気づいたらあまり語ってないとことかもあったり。
どこでどの話とかまでは覚えてないけど、楽曲ごとにこんなこと言ってたなあっていうのをざっと。主にトオルさんとの会話やり取りです。

  ・Why
やっぱり発音のことは言ってたよね。
もういいんじゃないって思っても、和樹くん的に発音がダメならしく録り直したと。
明人さんの仮歌のときに、これは今までで一番難しいかもって。

  ・Fighter
千本桜の海斗のときに書いたと言ってた楽曲。(ごめん、もしかしたら海斗をイメージしてだったかな)
イントロのギターは、勝人さんが弾いているのを浮かべてたって。
選曲会議に出したときに採用されなかったんだけど、今回陽の目を見れたとのことで。
和樹くんの中ですごい拘りがあったみたいで、当初は仕上がったのよりもさらにテンポ速かったけど、マイマイが叩けないんじゃないかってことも考えて、少しずつお互い譲歩しあって、最初より遅く、修正のより早くの中間で折り合いつけたみたい。
サビの歌詞が、最初は「闇を切り裂け」が「青い閃光」だったらしい。
なにかに立ち向かっていく人を後押しするって言う面では、In the futuerとは毛色は違えど同じなんだよなーと思った。

  ・Always lovin' you
AメロBメロがすごく秀逸だったのに、サビを聞いたときに詰め込みすぎちゃってて、なんか勿体ないなって思ったらしいトオルさん。
子供っぽくなっちゃったとか言ってなかったかな? (笑)
ABは当初のままで、サビだけ結構変わったそうです。
これは100で歌うんじゃなくて、あえて抜けた感じでふわっと優しい歌い方をしようと試みたと。


  ・In the future
「せーの」っていうフレーズが一番最初に出てきたんだそうで。
去年流行ってた曲にある、「ありのまま」とか「rady go」とか入ってるけど、偶然なっちゃったみたいw
これはアルバム話のときのじゃないけど、和樹くんがアルバムでこの曲が一番好きって言ってて、印象的でした。

  ・My Girl
サビのコーラス部分は、スタッフさんも含めてすごく色々な人の声が入っているんだって。
今までにない感じの楽曲になったと。
和樹くんも2日間しかない限られたスケジュールの中で、コーラスも含めてガッツリ録ったと。
たった一人に対する歌だけど、俺と皆ってなると一夫多妻制みたいになるとかわけわかんないこと話してて笑ったw
高松でこの話したのかな? それまでは腕上げとかしてなかったんだけど、ノリノリになる感じの話してたから、以降はwow~のとこから腕上げするようになりました(*^^*)

何の曲だったか忘れたけど、和樹くんが公演中地方遠征しているときに、トオルさんとちょこっとだけでも会って打ち合わせして、色々調整したりもしたって裏話もしてたかな。
あと、always~の話してたときだったけど、和樹くんがホテルで録ったデータがあるんだけど、ちょいちょいコードとかが違ってたりすると。
書き起こさないで音で送るのって、変わらないのかなー(笑)
それから、トオルさんが音録りするときに、次のこと(他の楽曲の担当の人)はいいので、今日喉持ってくれーと思ったって本音がw


以下、楽曲に関する個人的な感想とか、ライブ中気になったこととか。
セトリは覚えてる限りで、若干間違ってるとこもあるかも。
歌った楽曲は間違いないかな。

Legend is Born
Wake Up!
Shake! Shake! Shake!
EASY GO
Faith

Fighter
この曲ね、本当はイントロから髪振り乱して、Aメロから腕上げたいんだけどなー(笑)
サビ前からは、しっかり毎回腕上げしてました。
静岡で、特に和樹くんが挑発して来たのが印象的ー( *´艸`) 負けたけどw
勝人さんのギターには、ついつい魅入って聞き入っちゃうよねー!

What Can Tonight
「こんなに愛してるのにどうして分からないんだ」っていう風に、以前歌ったときよりもより強く歌詞の意味を感じてるというか、込めて歌ってるみたいなこと話してたのが印象的だったなあ。

ユメヒコウキ
なぜかこの曲を弾いているとき、アコギを抱えて身体をひねりながらにこやかにしている勝人さんの印象が一番残っているっていう(笑)
福岡ではすっごい心配したんだけど、途中掴んできてからは、今の和樹くんのトーンで歌い上げてて、9年経ったからこその歌声だったなあ。


…………と、なんかここまで書いてあったけど、あとは終わってた。
多分もう思い出して書くことはないと思うから、このまま投下!