記事一覧

Kazuki Kato Live "GIG" Tour 2014~Sing a song fighter~(in 松山サロンキティ.2014.6.6)

2014.06.06

和樹くんは今回のツアーの前にリリイベで色々なところを回ったことを良く話していて。
どんなに時間がかかってでも、全都道府県を制覇するってことを改めて。
そして、少しの時間かもしれないけれど、それでも直接歌を届けられるような機会を、今後も持っていきたいと。
リリイベで特に感じたことは、「昔から(たとえばテニスの頃)のファンだったんです! はじめてライブやイベントに来ました」という人がとっても多く感じたと。
それは、自分を知ってくれた頃がまだ中学生とかで、大きくなって自分の稼いだお金で来てくれるようになったってことなのかな。
そういう世代が多くなったってことなのかな、と。
 
 
 
私も最近はお友達いることが多いので、新しい和樹くんのファンの方とかとお話しする機会がなかったんだけど、昨日の岡山での物販待ちで、可愛い二人の女の子とお話をするご縁がありました。
まだ学生の子たち。
それこそ野音の頃からとかのファンで、その当時はご家族と方と一緒に行かれたとか。
お父様が和樹くんの楽曲を好きで聞いてくれているとか。
そういうお話を聞いて、若い世代の和樹くんファンも、できる限りのことで自分のできる範囲で応援しているんだなあ……そして、家族のご理解があるって素敵だなあ……と思ったのです。
 
行ける回数が多いことは、楽しいことかもしれない。
もちろん、自分で稼いだお金でやりくりしているわけだから、それは個人の自由。
でも、「私なんか全然ライブもいけないから応援できなくて……」と言ってたけど、それでも今回は来れたじゃない(*´∀`*)
それも立派な応援だし、決して行けないからファンじゃないわけじゃないんだよ。
それだけの間一人の人を応援して、ご家族のご理解も得ながらって、大変なことだもの。
 
なんだか和樹くんの話を聞いてて、最初はそうなんだね、若い子多いんだなあ……としか思ってなかったんだけど、昨日のご縁で、改めて和樹くんが言ってたことの意味を理解したと思いました。
 
 
 
 
そんな冒頭トークからツアー感想です。
ソロライブはCCツアーぶりなんだよね。
なんだかピンとこない懐かしさです。
 
 
 
 
Kazuki Kato Live "GIG" Tour 2014Sing a song fighter(in .2014.6.6)
 
※2014.7.1:修正して再投下してます。若干3days分の感想入っているところもあり。
 
 
 
午前中仕事を終わらせて、鹿児島空港から松山に。
過去にないレベルの小型プロペラ機で、40人も乗れないくらいのバスみたいな窮屈さでした(^^;;
こういう経験も、ツアーで遠征しなければ多分一生ないんだろうなあ。
 
 
お友達がタオルとラバーブレスを買ってくれていて、本当に感謝感謝です。
松山はホットピンク♪
タオルは赤ベースに黒のイラストに白文字! うん、カッコいい!

移動中にガチャガチャの詳細を教えてもらったりで、わくわくも増し。
しかもね、最近の可愛い系グッズじゃなくて、全体的にクールなのが多いのでもう、キュンって感じです。
色合いも大好きな色のばっかり♪
今回ばかりは、Tシャツも買うことにしますよ!
まだ買ってないけどね、金沢で着るね!
実は和樹くんのライブ行き始めて丸6年以上になりますが、一度たりともライブ中にTシャツ着たことありません\(^o^)/
私はいつも好きな服を着てライブを見るタイプの人なので。
そんな私の心を動かしたとは、やりよる……(笑)
まあ似合うに合わないは別として。
多分、似合わないよw 好きなだけで(^^;;;
 
 
 
サロンキティははじめましてのお箱でした。

この日はツアー初日にして幸先の良い13番♪
結局いつもセンター~上手にいることが多いんだけど、今回も。
初日は2列目のセンターで。
和樹くんは、初っ端からテンションが色々おかしく、汗も滝のように。
でも初日だから緊張してるっていうより、なんかもうナチュラルハイ状態だね、あれw
終始名古屋弁がすごくって、直そうとしても直せないレベル( *´艸`)
 
 
 
衣装はノースリベストの重ね着してたかな?
お色直しのときの服装が衝撃的で、すっ飛んだ(^^;;
ピンクのラインの入った豹柄っぽいテカテカしたピタッとした半端丈のパンツに、白のタンクトップかな?
あんまりにもちょっとそこまで買い物に……って格好すぎて、(゚Д゚)!!
なのに、歌うとカッコいいし可愛いし、まったく! っていう話。
 
 
 
MC中にマイクの線が抜けてしまい、もっちーがササッと直しにくるも、残念さが隠し切れないかーくんなのであった\(^o^)/
 
タワレコで新譜をお買い上げした和樹くんですが、特典を自分が引き換えたら、もしかしたら貰えなくなる人が出るかも……とちょっとだけ考えたけど、すぐ引き換えたらしいw
以前はポスターも貰ったとか。
「貼ったー?」のお客さんの声に「貼らんわ! どんだけナルシストっつー」
「ハガキ応募した?」には、「同姓同名の人が当たったらってことも……。でもお前らそれで自分が外れたらなんか言うだろう?」っていう攻撃をしてきたw
トークスキルが上がってきてるわ!
 
とにかく松山は、MCが長かった!
なにを話したか覚えきれないくらい、和樹くんが饒舌すぎたのです。
テンション上がってたんだね(^ω^)
 
「ツアーはまだ続いていきますので、時間とお金(下で小さく指でお金の○を作って)があればよろしくお願いしますと。
 
 
enで再登場したとき、メンバーとハイタッチしていくけど、マイマイが届かない(笑)
みっちーは和樹くんよりさらに背が高いので、もっと届かない\(^o^)/
 
それから、ライブ前に自分もガチャガチャをやったらしいです。
何が出たかは言わなかったような……?
子供のときみたいにワクワクしたと。
初日はリストバンド手首に巻いてたけど、福岡からはアームバンドになってました。
似合うから素敵なのである(*´∀`*)
 
 
ライブ後の握手会は、おかしな輩が現れたら、俺がなんとかするからと。
でも声マネが……あれなんなの? 私にはたけしの「コノヤロ!」にしか聞こえないんだけどw
そんな声出してるよね? (笑)
まあ真面目に話しすぎると重いから、ちょっとクスッとできるように、安心できるように言ってるのは分かるんだけどね。
 
 
 
そんな握手ですが、新譜についてくる握手券だったようですが、CDが売り切れー。
私でラストの整理券で、対象商品じゃないけど残ってるのがKKベストだけだったので、それをお買い上げして券を頂きました。
 
とにかく「HIGHER DREAM」が聞けたのが感激過ぎて。
イントロ聴いた瞬間、嬉しくて嬉しくて叫んじゃったもん・゚・(ノД`)・゚・
FRT以来です、聞けたの。
もちろんセトリは決まってたってリリイベのとき言ったけど、それでもあのとき聞きたいですって言ったら「うん、考えとく!」って言ってくれた言葉は嘘じゃなくて、嬉しかったのです。
握手は、ただただ、そのお礼を。
話をしている途中で久しぶりにギュッと力を入れられて、ドキッとしてしまいました(^^;;
 
 
 
終演後はお友達と一緒に松山のものが食べれるお店に( *´艸`)
珍しいお野菜も美味しかったし、みかん割りのお酒も美味だし、じゃこてんや鯛のご飯もーー!
初松山、滞在時間は少なかったけど、しっかりと満喫いたしました!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
セトリは、下のほうに書いてます。
まだツアーも序盤なので、見たくない方は、スクロールしないでください。
でも下に曲の感想書いてるから、意味ないかな(^^;;;
 
 
 
 
 
 
 
 
歌った楽曲は、初日に打ち上げしながら皆ですり合わせたら、ちゃんと揃って出たんだけど、セトリに関しては、私の乏しい記憶力では3回聞いても未だあやふや\(^o^)/
覚える気なさすぎですかね←
多分どこかまでは合ってて、どっかは間違ってて、そしてまたどっかから合ってるって感じですが(^^;;;
 
 
hang~が前半に来てくれたのは、正直かなり助かる!
もう、後半これとか他のアップチューンが来たら息も絶え絶えになるので。
年々ジャンプのタイミングとジャンプ力が足りなくなってる気がします……。
老化怖い><、
無理なときは、屈伸運動ってことでお友達との間での暗黙の了解ですw
 
 
そばにいての包み込むようなサウンドに、なにより優しい優しい和樹くんの表情が印象的で。
この曲も大好きで大好きで、いつでもライブで歌ってほしいくらいの楽曲。
本当に久しぶりに聞けて嬉しかった。
 
 
G線上のマリアからのセイテンノヘキレキは、鳥肌ものですよ。
それから、欲情―libido―はあのキビキビダンスも!(*´∀`*)
前回歌ったときは踊らなかったからね。
かーくん、初日からあのキメポーズのとこは、いっつもお顔がマジですw
リビドーはアレンジもとっても素敵♪
和樹くんの歌い上げ方もいいのです。
ついでに腰振りにDJの仕草したり、サービス満載楽曲。
 
 
あいことばは、前半シンプルな分すっごく響き渡る。
どの会場でも同じように響いてて、ああ、和樹くん本当に伸びやかに綺麗に歌うようになったなあ……としみじみ。
 
 
LADY GOは人差し指を上に向けてぴょんぴょんしてて。
駆け足したり、身体フリフリ、足はラインダンスしたりと、もう楽しそうで可愛いのなんの><!
この曲のときの和樹くん、ずーっと見てたいぐらいに大好物です(*´q`*)
 
 
solitaireは難しい楽曲だよなあと。
これ中野ぶりだよね?
すっごくギターとピアノとのバランスが合ってなくて、音も……。
アレンジ? って話をお友達ともしたんだけど、福岡はわりと良かったんだよね。
そして岡山ではまた不安定に\(^o^)/
そんな中でも感心したのは、音がぶれてても和樹くんはしっかりと自分の音程を維持して歌ってるのです。
これは感動してしまった(´;ω;`)
 
 
灼熱はもっちーがパンダの面、GUNJOVIさんが馬をかぶって登場。
しかも後半は歌舞伎のお面と般若にそれぞれチェンジっていうw
安定の水鉄砲ソング!
最初は小さな水鉄砲だったのに、なんか福岡からレベルアップしてるんですが……\(^o^)/
そしてもっちー、マイマイの後ろで歌舞伎の面のまま腕振りするのやめてw 本当にシュールww
和樹くんも水鉄砲持ってフロアに浴びせるも、もっちーらから攻撃を受けてて可愛い。
巻き添えを食わせるべく、和樹くんは勝人さんにひっかけてました。
 
 
 
 
impure love
HIGHER DREAM
リアル
dear my friend
Hang Glider
G線上のマリア
セイテンノヘキレキ
あいことば
solitaire
そばにいて
warning
vampire
flaming ice
LADY GO!
欲情―libido―
BEACH
灼熱フィンガーでfever!
Legend is bone
 
en
ひとりじゃない
instinctive love
 
 
【愛媛・松山サロンキティ】